So-net無料ブログ作成

「袖ケ浦での暮らしと環境について考える集い」 [石炭火力発電所]

 大切なお知らせです。

 すでにご承知のことと思います。

 1月31日に出光興産、九州電力、東京ガス3社は、石炭には十分な事業性が見込めいとして同地点での石炭火力の検討を断念したことを公表しました。しかし九州電力、東京ガスの2社で200万kwの天然ガス火力の検討を継続するとの発表もしています。

 火力発電所の建設は継続することになりますが、大きな石炭の壁は破ることができました。東京湾岸の石炭火力発電所計画は、市原、千葉、袖ケ浦と断念に追い込むことができ、残るところは対岸の横須賀のみとなりました。
 各地での取り組みの形態には、地域の状況で違いがあります。袖ケ浦には袖ケ浦独自の取り組みがありました。その教訓を整理し、市民の検証をいただき、これからの袖ケ浦の街づくりの糧にすべく1面にある集会を開催します。是非ご参加いただきたくご案内申し上げます。

★ 日時  2月17日(日)午後2時~4時
★ 開場  長浦おかのうえ図書館・3回視聴覚室
★ 講演  桃井貴子氏 気候ネットワーク東京事務所所長
      テーマ「袖ケ浦石炭火力の現状と私たちの未来」
★ 報告  石炭の壁を破った私たちの取り組みと市民の声(仮題)
★ 討論  自由に今回の取り組みの中で考えられることを話し合いましょう


◎ ぜひ多数ご参加くださいますよう呼びかけます





























 

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。