So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

不幸がありました 投稿 [その他]

 足立区役所のホームページを開き、「不幸がありました」というページを開きました。そこには6項目に分けて、死亡にかかわる手続きのことが、詳細に書かれてありました。

① 死亡が確定したら
② 埋葬手続き
③ 親せきや知人などへの連絡
④ 死亡届の提出
⑤ 通夜・葬儀・告別式
⑥ その他死亡者ごとに異なる様々な手続き

 私の東京都足立区在住の友人が危篤であることから、病院へ見舞いに行き、わりに元気で話すので安心して帰宅したばかりだというのに、夜半病院から電話が来て急変し死亡したことを伝えられました。彼は身寄りにない独居老人です。私とケアマネージャーの方と、お隣のご夫妻・・病気になってから、彼が頼りにしているのは、この4人だけです。とにかく行かねばなりません。早朝の快速電車に飛び乗りました。

 早速区役所の担当と電話連絡を取りました。ついで区役所から指定された地域包括支援センターに伺い、次には病院の相談センターと回りました。そのいずれの場所でも、上記にある、亡くなった友人の葬儀・埋葬・手続等の問題について、状況に添った方法をいくつも提起してくださって,親身になって話し合いに応じてくれました。話し合いの最中、関係機関がいかに密接につながっているかがわかるような、電話連絡が幾度となく行われていました。最終的には、区役所と病院が責任をもって実務一切をしてくださったのです。彼の通帳には、厳しい生活であったのですが、亡くなった後の経費もきちんと準備されてありました。

 帰宅して、それぞれお世話になったところに礼状を出しました。特に区役所担当課については、最後まで面倒を見てくださったことへの感謝と、願わくば、葬儀への参加と埋葬地を知りたいことを書いて送りました。
 今日電話が来て、葬儀がまだ間に合うこと。埋葬地は葬儀屋さんに委託しているので直接聞いてほしいということを、担当の方が手紙を見てすぐ知らせてくれたのです。

 私も後期高齢者の一人です。訃報が多くなりました。でも不幸が起きた時、行政がこれほどまで親身に対応している足立区の区役所は素晴らしい・・と思いました。
 きっと袖ケ浦市役所担当課の人たちもそうであろうと思っています。なってみなければわからない体験をしました。皆さんにお知らせしたくメールしました

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。