So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

高等学校統廃合 [教育]

  先日千葉県教育委員会の高等学校統合計画という、問題だらけのニュースを掲載した。以下の統合案である。

君津市の君津高校と上総高校を統廃合し、上総高校を廃校に
○市川市の行徳高校定時制を廃止し、船橋市の船橋高校へ統合
○佐倉市の佐倉南高校の全日制普通過程を廃止したうえで,新たに三部制定時制高校とし、佐倉東高校の定時制を統合

 このことについては、相当の反響があり、鉄道研究家の山の井さんは、通学生の姿に直接触れていらっしゃるからであろう、怒りを込めて次のようなメールを送ってくださった。

 本文にも書いてありますが、あたかも決定をした感じの案という一言がありますが、残念ながら、千葉県における公立高校の統廃合は、再編ありきで進めてきた経緯を見受けます。
 ご存じと思いますが、公立高校の給食廃止も示されています。
理由は承知をしていませんが、財政的にまかなうことが難しいということだとは思いますが、果たして、そうだとしても理解を得ることができるのだろうか。
大多喜町は試験的に小中学校の給食費を確か無償化だと思います。
 数合わせのゲームのようなことをするよりも、千葉県内各地域に即した公立高校であること。当然、その地域でなくてはできないカリキュラムや環境が整っているところもあるでしょうから、それらを切り崩しをしてでも統廃合・再編をすすめるようであれば、愛着が薄れるように思います。

 この通りでしょう。特に廃止されるという定時制高校など、許されるべきことではありません。学んでいる生徒一人一人の表情が目に浮かぶようです。

                         kawakami





nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。