So-net無料ブログ作成
千葉県政 ブログトップ

富津市岩瀬川護岸工事調査 [千葉県政]

「7月7日七夕の日、この日富津へ行ってきた。以前ブログに書いた、護岸工事で対岸の河岸を壊してしまったずさんな工事についての朝日新聞記事を紹介したが、このことに関わる岡田県議会議員、松原市議会議員(お二人とも共産党)の合同調査視察が行われるということでの案内があり、そこに参加してきたのである。問題点がこの調査で浮かびあがってきている。その報告をしたいと思う。これがお約束、3点目の報告である。

 この日炎天下、午前10時、岡田県議会議員、松原富津市議、君津土木事務所の若い職員と県職員、朝日新聞記者、抗議の告発を行ったKさんと、地元市民、そして袖ケ浦から2名というのが参加者総数であった。
 現場は、岩瀬川。上流に向いての最新の右岸工事はきれいに完成されているが、左岸の網籠積み上げ方式での網籠が、前面に押し出され、のり面が無惨に崩れている。植樹され見ごろになった桜の木が倒れ、伐採された跡がある。せっかくの護岸工事で対岸の河岸を壊してしまった・・というわけだ・・・。

 説明は君津事務所の若い職員が行った。県職員は聴いているだけである。若い職員は、工事図面を片手に、工事過程について順を追う形で説明をしている。その過程で、告発したKさんの鋭い指摘が入る。Kさんの指摘は2点であると私は聴いた。

1、 工事過程で流水せき止めのため、鉄板を川中央に打ち込んだがその振動と,川底の泥を浚渫(しゅんせつ・掘り起こすこと)したことで、網籠石が張り出し、のり面強度が緩くなったことが原因。豪雨によるものとの説明があったが雨量はなんと37mm・・・それでも降り方によるとの苦しい説明であった。そして「請け負った工事だけが完成すれば他は関係ないという」業者の姿勢と、完成検査の在り方に対する疑念が浮彫された。

2、工事現場への河川に添った細い道路がある。もともとは軽トラがようやく通れる程度の草の茂った道である。(約2m程度)この道(道というより河岸保護の草地)は中央で仕切られ、半分の地権者はKさんである。
 ところがいつの間にか工事中に、2mの幅の道が4メートル幅に広がり、低かった部分に浚渫されたヘドロ状の泥が積み上げられ、乾燥してかたまり、そこを自由に往来しての工事になっていた。Kさんにはひと言の断りも謝罪もない。その上「4mまで広げてやったんだからよいだろう。」という暴言まであったという。
 そこには、福島県桜名所「三春滝桜」から送られた苗木が、すでに成木となり、春の開花時には多くの人たちが見に来るという・・・その桜の根元にヘドロ状の泥濘が積み上げられ、樹勢の衰えが見えてきているのははっきりわかった。

 Kさんは弁護士を付けないまま、公職選挙法違反容疑の件で裁判を起こし、最高裁まで追及された正義感の強い方である。めったに怒りの表情は見せないが、芯にずしりと重い骨太さを秘めた方であると私は思っている。
 今回の告発も、県民の税金が、こんなずさんなやり方の工事で、完成検査の厳しさもなく、このまま通っていくことへの怒りであったのだろうと思う。まったくの同感である。

 若い職員は、真剣に説明を繰り返していた。Kさんは、若い職員より県職員に対し、鋭い言葉をあびせていたことがはっきりわかる対応であった。

 さて岡田幸子県議は、議会で「県土整備常任委員会」に所属され、市川市選出議員である。富津の松原市議からの要請で、すぐ行動に移され飛んでこられた。職員には、必要書類の提出をてきぱきと手配され、問題点の解明に当たるという。感謝とともにご健闘を期待したい。 kawakami

富津河岸工事現場.PNG
  (調査風景)

勝手に拡張された道.PNG
(積み重ねられたヘドロ)

















                              
 

千葉県知事選候補予定者への公開質問状 [千葉県政]

 木更津市議田中さんより知事選アンケートの情報を貰いました。
ブログ掲載の許可を取ってあります。
少し長いのですが、クリックすれば順次大きくなり読むことができます。 事務局

千葉県知事選候補予定者への公開質問状回答-田中アレンジ_01.jpg
千葉県知事選候補予定者への公開質問状回答-田中アレンジ_02.jpg
千葉県知事選候補予定者への公開質問状回答-田中アレンジ_03.jpg
千葉県知事選候補予定者への公開質問状回答-田中アレンジ_04.jpg
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

あきれた森田県政 [千葉県政]

★ 文字で書くより下の写真と、統計資料(「指標で知る千葉」で検索)で見たほうがよくわかります。~クリックすると大きくなります~

森田知事.PNG

moritakennsei.PNG

統計資料で見る千葉県ワーストワン [千葉県政]

統計資料を見ていると、時々びっくりするようなことに出会う。私がパソコンの「お気に入り」に入れているいくつかの統計資料の中に「指標で知る千葉県2015」というのがある。
さて、バラバラとめくってみよう・・・。

「都道府県の中で、一番住民所得の多いのはどこの県かな?」と聞けば、ほとんどの人は軽い気持ちで「東京都」と答えるであろう。その通り東京都である。都民一人当たりの所得額平均は437万3000円(年収)、わが千葉県はどのくらいの位置にあるのかな?とちょっと見てみたくなる。千葉県民一人当たりの所得金額は282万円である。そしてこの金額は全国15位に位置づいている。東京都から比べて約155万円も低くても、そんなに悪い位置ではない。因みに最低は沖縄で201万8000円という数字が書かれてあった。

さてその千葉県、同じ指標の中に非常に恥ずかしい数字を見つけたのである。それは47都道府県中のワーストワン。をあちこちに見つけてしまったのだ。

▼ 社会福祉費(人口一人当たり)   千葉4万1000円  全国46位   
▼ 老人福祉費(65歳以上一人)   千葉15万40500円 全国47位
▼ 児童福祉費(17歳以下)     千葉33万60300円 全国44位

何と全国15位所得のある千葉県が、高齢者と子供に対する福祉費が全国最低しかかけていないとは?・・・

 確か千葉県知事は、二つの名前を持つ方だった。名前は華やかだけど、この実態は???
ひょっとしてこの方「青春」だけ言ってれば、当選するものと思っていらっしゃるに違いない。だって年寄りも、こどももワーストを争っている位置にあるのだから・・・・
kawakami
千葉県政 ブログトップ
メッセージを送る