So-net無料ブログ作成
公共交通機関 ブログトップ

「外房線を守る会の報告」2 [公共交通機関]

「外房線を守る会の報告」2

いすみ市は太田市長さんが直接出席され、市長からの挨拶があった。
いすみ市では内房・外房で他市にはない特徴的な施策として、特急での通勤に対し、市が補助金を出しています。下記にリンクを貼ったのでご覧いただければと思います。
茨城の石岡市で常磐線の特急、新潟の越後湯沢や栃木県の小山で新幹線での通勤に補助を出しているのは知っていますが、千葉で把握しているのはいすみ市だけです。

http://www.city.isumi.lg.jp/shimin/tetsuduki/sumai/post_330.html

いすみ市では現在、東京への通勤者が400人いるそうで、1000人に増やしたいという目標を持っている。そのためには、田舎暮らしのような移住促進や、今いる人口が流出することを抑制していかなければならないと考えているようだ。

JRの利用を促進するため、特急への補助のような施策を打ち出したり、要望・陳情するだけではなく、市長や市職員自らもJRの利用を実践している。公共交通に関する部署だけではなく、市長自らの方針として全部署で共有を図り、出張の時は全部は無理だとしても、できるだけJRを使うようにしなさいと指示しているそうだ。遠くだけじゃなくて、県庁に行く時もJRをできるだけ利用しなさいと指示している。もちろん、市長も出張に行く時はできるだけJRを利用している。
千葉支社に行っても、何回行っても同じ回答「できない」「難しい」「厳しい」「検討します」そういった回答ばかりなので、全然ダメだ。市役所はJRの利用を自ら行動し、市民に対しては特急補助のような利用促進を図り、JRの利用を実践していくことを前提に施策を取り組み、その結果を示した上で本当に必要な要望をまとめ、形式的な要望や空想にならないよう、意見を絞り出した上で、国やJR東日本の東京本社に直接伺うという考え方で、何回も乗り込んでいかれているそうだ。

いすみ市は私たちの問題だと実感し、国・県・市・議員・観光業界・商工業界全てを巻き込み、市民全体の要望としてタッグを組んでいきたいと話があった。移住促進を進めていて、1000人にしたいという目標があるので、通勤に不便になる電車の減便は困ると話していた。本来の窓口である千葉支社を通り越して、何回も本社や国に伺うという行動力は凄い。本気度をすごく感じる。

袖ヶ浦は要望してもあっさり裏切られ、千葉から総武線・京葉線といった東京寄りでも容赦なくやるようなあくどいJRに、いすみ市の頑張りの成果が届いてるかはわからないが、いすみ市の中心である大原駅は、いすみ鉄道の起点となる分岐駅、行先となる列車が設定される折返し駅だとは言っても、JRだけで1608人、いすみ鉄道は368人、合計すると1976人の利用と2000人に満たない利用しかないが、有人のみどりの窓口は残り、社員の配置も勝浦駅の下にある直営駅として、JRの社員が直接配置されている。

長浦は6000人、袖ヶ浦はもうすぐ5000人に達するだろうという利用があっても、窓口はなくなったことを考えると、大原駅は対照的に感じ、2000人にも満たないのに直営駅で窓口がちゃんと残ってると、恨めしさ・憎たらしさすら感じてしまう。それでも、市職員や市長がスーツ姿で切符を買いに見えているというのは、JRにとって大きいのだろうか。市長だったら、地元に住んでる人だったらすぐわかるだろう。

勝浦駅の下にある直営駅とは、管理駅が勝浦駅のため。外房線では、管理駅の下にある直営駅として上総一ノ宮と大原が残っているが、内房線は姉ヶ崎が委託になってしまったので、直営駅で残るのは蘇我・五井・木更津・君津・館山・安房鴨川の駅長がいる管理駅だけで、管理駅の下にある直営駅はなくなった。


これ以外にも、地域の方や高校の先生から、自分の学校では何人、市町村別で何人利用しているのかの報告と、その先生が減便の電車に乗り込み、実地調査の報告をした発表がありました。

タグ:外房線
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「外房線を守る会の報告」1 [公共交通機関]

「外房線を守る会の報告」1

 「外房線を守る会」が設立された。そこに参加した市民の方が、是非この集会の内容を、袖ケ浦市の行政や、市民の皆さんに知らせたいものと、私たちに報告書を届けてくれた。内容を見て驚いた。今日と明日の二回に分けてその報告を連載する。  Kawakami

3月10日に勝浦市立図書館の2階にある、勝浦集会所で開催された。
この会の会長には、元・勝浦市長の藤平輝夫さんが就いた。藤平さんは、2011年までの勝浦市長で、現職から見たら2代前の市長さんになる。元市長が会長に就いているだけに、現職との繋がりで交渉に与える影響力は大きく、いすみ市からは太田市長さんと議長さんが直接出席された。御宿町は町長が所用のため出席できなかったが、課長が代理出席した。会場である勝浦市は、現職の猿田市長は出席されなかったが祝電は贈られた。議会からも、いすみ市から鴨川市にかけての現職の議員さんが何人か出席されていた。

内房線は、館山の松苗さんを中心に市民の皆さんの問題意識によって立ち上がっていて、アンケートや交渉等で沿線市町村の協力は得ているものの、市町村や政治関係者ではなく、あくまで一般の市民が問題意識を持つ住民を集め立ち上げた。一方で、外房線のほうは元市長さんが自ら問題意識をもって立ち上げた組織。いすみ市は市長が出席されたり、勝浦市も市長が直接祝電を贈ったり、元市長が立ち上げたのと館山のように一般市民が立ち上げたのでは違いが大きく、元市長が自ら危機感をもって立ち上げた影響は大きいと感じた。内房は出口市長はもちろん、肝心な館山や南房総すらも市長は出席しなかった。

会長の挨拶で「今後、利便性の低下する減便、ダイヤ改正についてはすべて【反対】いたします。」と力強く述べられたのが印象的だった。勝浦市の人口減少は激しく、首都圏の市で唯一2万人を切ってしまっている。2018年時点で人口は1万8000人。1958年に市制施行した当時は3万2000人で発足した。高齢化率は38%、高校は統廃合でなくなり、小学校はかなりの数が統合され、中学校に至っては市内に1校だけになってしまった。このように過疎化、少子高齢化は深刻に進んでおり、電車まで減らされてしまうと更に過疎化が進み、最終的には勝浦は無人の町・ゴーストタウンになり、人がいなくなってしまうんじゃないかとそこまで藤平元市長(会長)は強く危機感を持っている。人口も急速も減り、電車まで減らされてしまうと生活できなくなってしまうと強く、強く、何度も振り絞って訴えられた。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「地域公共交通活性化協議会」2 [公共交通機関]

「地域公共交通活性化協議会」とは何をしなければならない組織なのか?今している公共交通にかかわる事業の良し悪しや、次年度はさらに発展させるための具体的取り組みの計画などを論議する場なのか?
 国が問題を提起したものは、自治体がすべて取り組まねばならぬというものではない・・とは言うものの、国の政策に添って取り組むのであれば、その政策がわが町の住民に利するものなのか否か・・そのことが基底にならなければ放置しておけばいい。それぐらいの腹構えを自治体首長は持っていなければならない。

 そのような観点から、まず木更津市、君津市、富津市の取り組みとわが袖ヶ浦市の取り組みを並べてみる。
 君津市の場合「地域公共交通活性化協議会」という名称は使用していない。「君津市地域公共交通会議」という名称である。「地域公共交通活性化協議会」との違いは、国土交通省が説明してくれているので読まれるがいい。
 木更津市と富津市は「地域公共交通活性化協議会」という名称を使っている。その上取り組もうとしている事業の名称も同じなのだ。「富津市(あるいは木更津市)地域公共交通網形成計画(案)」である。わが袖ヶ浦市は29年度の取り組み報告と30年度の実施事業についての計画案である。この違いは何か?

 さらに同じ名称である木更津市と富津市はどのように違うのかを検証されるとなおはっきりすることがある。富津市の冊子の冒頭に「住民公聴会の開催」という文字がある。そしてすでに平成30年1月10日~2月7日までパブリックコメントも行われている。

 この先は書かない。わが袖ヶ浦市の取り組みの具体的な成果はわかったが、富津市の取り組みと基本的に何が違うのか・・それはこの先どのように違ってくるのか?
 興味のある方は、追跡なさってみることをお勧めしたい。  Kawakami

★ ビッグニュース
18日(明日)午前10時福王台公園集合  脱原発デモ1時間 天気もいいよ!

                        






 

nice!(1)  コメント(0) 

「地域公共交通活性化協議会」 [公共交通機関]

14日「地域公共交通活性化協議会」なる会議が開催されました。平成19年10月に「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律」が施行されたことに基づく協議会という法的根拠を持つ組織です。目下各自治体でこの法律に基づいて様々な取り組みが開始されています。さらに平成20年度予算において、同法律を活用し、鉄道、コミュニティバス・乗合タクシー、旅客船等の多様な事業に創意工夫をもって取り組む協議会に対し、パッケージで一括支援する新たな支援制度「地域公共交通活性化・再生総合事業」が創設されました。
ますます各自治体担当課は、力を入れての取り組みになりそうです。

 さてこのような背景でのわが袖ケ浦市での協議会委員には、住民各団体からの割り当て枠がセットされ、そこから委員が選出される形になっています。袖ケ浦の委員各位は、各自治会からの選出、バス会社(日東交通・小湊バス)や、交通ジャーナリスト(という分野のお仕事もあるのですね)や、警察、県担当課・国の担当官等々多様にいらして、20人ぐらいの構成で成り立っています。

 会議では「平成20年度の実施事業の取り組みについて」と「平成30年度の実施事業について」事務教区から問題提起があり、それを中心に討議されたと聞いています。

 直接傍聴したわけでもなく、人づてに聞いたので、討議内容についての論評は避けたいと思います。ただ、インターネットで各自治体の取り組みを調べてみると、この取り組みが、今までと同様、形式的取り組みに終わるのか、住民の要求に根差した形で展開されようとしているのか・・その基本的観点の違いを見ることはできます。
 少しは興味がわいてきたでしょうか??明日もう1度続きを書きましょう・・

                           Kawakami




nice!(1)  コメント(0) 

東京メトロ・青山1丁目 [公共交通機関]

 すでにおなじみの、鉄道研究家、山の井さんからの報告の一部です。昨日のブログでもお知らせしましたが、ホームに描かれている点字版の問題と、非常に狭いホームの場合早急なホームドア  の設置が必要であることを、実際その場で検証し関係機関に報告と要請をしている山の井さんです。
 今回はこのほか、館山の花火大会と、そこに集まる人たちの足の問題も提起されています。また、線路のボルトが外れている場所などの指摘もありました。山の井さんのような足を運んでの調査活動には、頭が下がります。 kawakami



国土交通省関東運輸局交通政策部消費者行政・情報課 御中


最初に
先日、視覚障害の方の事故がありました東京メトロ・青山一丁目駅にいきました。写真3枚目になります。

事故現場のホームは、報道で指摘のありました、点字ブロックに柱がある状態もそうですが、その柱の存在により、ホームのスペースがせまく、事故の際、付き添いの盲導犬はもしかしたら、線路側のわずかなスペースが通れると判断したように思われます。

また、ホームは線路側に向かって床が下に傾いているようにみられ、雨などのぬれた状態であれば、滑りやすい危険性があると思います。

いずれにせよ、ホームドア設置とあわせ、この事故現場のホームの構造を、幅に余裕を持たせた改造がなければ、同じような事故が起こるように考えられます。
車いすの方も大変危険なように思われます。

青山1丁目.PNG






袖ケ浦高速バスターミナルのハブ化を [公共交通機関]

 鉄道研究家の山の井さんは、早くから「袖ケ浦高速バスターミナルは、その有利性を生かして房総から千葉・成田間のハブターミナル化に向けて目を配るべきである」ということを話されていた。

 また、その一つとして外房から、袖ケ浦経由で東京行きの路線で、近いうちに鴨川からの路線が実現することも話されていた。

 今回の「広報・そでがうら」ではその路線が実現したことが掲載されている。鴨川から東京行きの《アクシー号》である。うれしいことだ。袖ヶ浦にとっては、金田まで行かなくても、袖ケ浦バスターミナルから東京駅へ直行できるようになった。ただよく調べてはいないが、時刻表を見た限りでは、袖ケ浦からは東京方面は乗車可能であるけれど、鴨川へ行く便は時刻表にないという。もし事実であるとすれば、残念なことだ。路線許可の上で、いろいろわからない事情があるのであろう。

 ハブ化の問題では、成田方面行のバスは市原からは出ているという。市原とつなげば、成田までの直通便ができることになる。途中の路線によっては千葉市も見えてくる。
JRが黙ってはいないのであろうが・・・競合がますます激しくなってくる。JRも利用者切り捨てだけではなく、利用者サービスを忘れないことだ。

kawakami

次回ダイヤ改正・改善進む [公共交通機関]

 鉄道研究家・山の井さんのブログから転載させていただきます。次回のダイヤ改正で、問題点として指摘してきたいくつかの点が改善されるようです。「足を守る会」や、関連労働組合、そして山の井さんの休むことのない関係機関への要請活動等のご尽力によるものだろうと思います。声を挙げなければ大企業は変わりません。引き続き私たちも声を上げ続けましょう。  kawakami 


 次回のJRダイヤ改正が、2016年3月26日に決まりました。ここでは房総方面を中心に。

★ 外房線特急の改善
① 前回の改正で、勝浦終起点に変わった特急で、わかしお10号が30分繰り下げで勝浦10時33分発で東京12時5分着に。

② 勝浦始発の上り特急3本が安房鴨川からの各駅停車に接続改善。
安房鴨川9時53分発、17時44分発、19時38分発が該当します。
これにより上総一ノ宮発着特急以外、乗り継ぎができるようになります。

③ ホームライナー千葉号の5本がすべて船橋に停車

④ 京葉線・武蔵野線・・東京17時32分発の府中本町行きが平日に限り増発

★ 総武本線
① 成東発着の各駅停車1往復の増発
千葉21時56分発→成東22時44分着
成東23時5分発→千葉23時55分着

★ 成田線
成田から銚子行き下り1本増発
成田18時10分発→銚子19時40分着

注意→成東行き21時56分発は現行では成田線経由の銚子行き。また、成東始発23時5分発は成田空港始発の快速とそのあとの成田始発千葉行きの最終のダイヤにかなり接近。
これは増発でなく立て替えであり、小見川・銚子方面の下り最終列車の繰り上げの疑いが考えられます。

★ 外房線
① 上総一ノ宮6時1分着の下り快速が毎日運転に

② 勝浦の上り初電が4時55分発に繰り下げで、大原4時39分発が大原の上り初電に変更。

★ 内房線
① 安房鴨川上り始発6時24分が6時16分発に繰り上げ

注意→この繰り上げで心配は外房線安房小湊始発の下りの接続が維持されるかどうか。それと、上総湊折り返し各駅の立て替えの可能性があります。

★ それ以外に
① 外房線千葉発18時34分発が6両から8両に、19時発が6両から10両に
② 内房線千葉発17時58分発が6両から8両に

③ 夕方の内房線下り上総湊行きが、東京発16時3分の京葉快速の蘇我行きと接続改善
④ 外房線安房鴨川17時44分発の上りが、上総一ノ宮で総武快速に接続改善

⑤ 成田駅で我孫子からの下りと銚子からの上りの各駅停車の一部接続改善

◎ 簡単に・・・・前回の改正が散々なことを思えば安堵です。
内房線の下り1本の車両増結、外房特急の勝浦始発の安房鴨川からの接続改善、外房の夕方の安房鴨川からの上総一ノ宮での総武快速の接続改善は、私の方からも再三、訴えてきました。

◎ 館山から安房鴨川の区間で若干のダイヤ修正があると思います。

◎ ただ、成田線の小見川・銚子方面の下り最終がどうなるのか。もしかしたら、その次のダイヤ改正で予想されるワンマン運転の対象区間が広がる可能性も考えられます。


◎ 吾妻線の特急が長野原草津口に発着縮小
◎ 新潟の長岡・直江津方面の信越線・上越線でワンマン運転列車の運行が。



国土交通省関東運輸局 [公共交通機関]

 鉄道研究家の山の井さんから、以下の申し入れをしたことの連絡が来ました。山の井さんのブログから転載させていただきました。公共交通・とくにJR問題は、利益追求ではなくて、安全が第一であることを、常時訴えていきたいものです。   kawakami


国土交通省関東運輸局・自動車交通部旅客第一課
鉄道部監理課・各みなさまへ

今回は一部、重なる内容がありますので、連名にて失礼をいたします。

★ 房総方面の路線バス
館山から千葉に至る高速バス・南総里見号について。
蘇我駅の乗り場がわかりづらいので、わかりやすい場所にしてほしいという声があります。
蘇我駅東口は3箇所にバス乗り場が分かれています。運行事業者の事情はあるとは思いますが、集約可能であれば、乗り場の集約とわかりやすい場所へ移設をしていただくこと。

★ アクアライン高速バス路線について
アクアライン及び川崎浮島より都心への首都高の渋滞による遅れが慢性化しています。
川崎浮島より遠方に向かう路線で、かなりの遅れが見込まれる場合、羽田空港への臨時停車の措置を。

木更津市内の羽鳥野バス停については、安全対策を行った上で、複数台数での同時乗り換えができるようにすること。

上記、高速バスと内房線については、実際、岩井から通勤・通学をしている方の声に基づき、調べた上で書いたものです。

★ 東日本旅客鉄道千葉支社関連

内房線1123Mについて
蘇我駅で編成が短いため、平日で乗客が乗れないケースが少なくないという声がありました。
千葉支社における列車ダイヤも問題ですが、各駅停車の車両編成についても、ピーク時間帯に編成が短く、そうでない空いている時間帯が編成が長いケースがあり、問題だらけであります。
内房線1123Mは蘇我駅を18時8分で長浦駅を18時28分に発車の各駅停車の館山行きのことです。
1123Mは館山方面に向かう列車。限られた本数であって、それに乗ることができないのはサービスとしては本末転倒であります。早急に車両増結の配慮が必要です。

★ 総武緩行線について
信号トラブルはじめ、遅延が頻繁であり、乗り換え駅での乗り換えに支障があるという声があります。
事故などのトラブル発生時には全区間を止めるのでなく、一部区間折り返しなど、柔軟な列車運行ができるようにしていただきたい。

枕木ボルトなし
総武快速線の錦糸町と市川の各駅構内で複数箇所の枕木ボルトなしが放置のままです。

★ 南房総市公共交通形成計画について
地元の南房総市において、制度変更に伴い、あらたに同計画の策定作業が進んでいます。
この種の計画は市町村単位で策定をされるものではありますが、地域事情や経済圏の関係で、近隣の市町村との広域行政の枠の中で、施策をたててやることが、実態に即したかたちでできるのではないかと思います。

以上につきまして、路線バス、鉄道の件については、当該事業者へ働きかけをお願いをいたします。



公共交通機関 ブログトップ
メッセージを送る