So-net無料ブログ作成
検索選択
袖ヶ浦駅海側開発 ブログトップ

「鉄鋼スラグ」書類送検 [袖ヶ浦駅海側開発]

 4月27日、東京新聞に「鉄鋼スラグ不正処理疑い」の見出しで、大同特殊鋼など3社を書類送検したことが報道されています。この大同特殊鋼の「鉄鋼スラグ」は、前にもお知らせしましたが、群馬県を中心に多くの問題を起こしています。そしてこの工場が君津の日鉄内敷地にもあるのです。(リットン調査団)

「ぐんま有害鉄鋼スラグ問題を考える会」の現地調査と学習会レポートの記事を紹介しましょう

 有害スラグが使用されていたのは渋川市だけではありません。八ッ場ダム関連工事、上武国道の擁壁工事、農道、ソーラーパネルの下、民有地など、県内のいたるところで有害スラグが大量に使用されてきたことが明らかになりつつあります。
 (株)大同特殊鋼の本社がある愛知県では、鉄鋼スラグを天然砕石と混合させて、地表に露出した状態や土壌、地下水に影響を与える状態で工事に使用することが禁じられてい
ます。

 群馬県における有害スラグ問題は、規制を緩くしてきた行政と企業との長年の馴れ合いの結果であり、露見しているのはまだ氷山の一角という見方もあります。

 榛東村の処分場は吉岡町の水源に排水が流れこむ沢の上にあり、水源への今後の影響が懸念されます。

 利根川の河川敷にある大崎緑地公園では、4×100メートル以上に有害スラグが敷かれているとの報告もありました。

 すべて撤去すれば費用が巨額になることから、撤去箇所を最小限に絞りたいという意向が働いているようですが、有害物質の経口摂取、土壌汚染、地下水汚染、「膨張」による建築物等への影響を踏まえれば、有害スラグは直ちに撤去する必要があります。(以上)

 さて、私たちの袖ヶ浦海側開発に伴う区画整理では、新しい総代会を発足させました。
その後どのような、運動を進めているのでしょうか? 東京新聞の記事を読み、気になっています。
              kawakami

奈良輪雨水ポンプ場完成 [袖ヶ浦駅海側開発]

3月24日の新千葉新聞は『奈良輪雨水ポンプ場』の稼働を記事として掲載した。このポンプ場は高須区、奈良輪区、坂戸市場区、福王台の一部の雨水を、旧奈良輪漁港に集め(今回のポンプ場建設用地)東京湾に放流している。

 しかし同地区は地盤が低いため東京湾の潮位が高い時(満潮時)海水の逆流を防止するため水門を閉めているが、この時降雨があると当地区の雨水幹線やU字溝に雨水が滞留し浸水被害を起こす原因となっている。
 今までは、その際二つのポンプで排水していたが、充分ではなかったことから、長年懸案として要望されてきたものだ。今回は4台の大型ポンプを使用し、地域の要望に応えるものとなっている。地域の方々の安堵の声が聞こえるようである。

 ところで、懸案の雨水ポンプ場施設であるが、これは袖ケ浦駅海側開発との関連事業として、ようやく日の目を見たものである。現在区画整理地域からの奈良輪第一雨水幹線工事は継続中でこれが完成して施設全体の完成となる。

 新聞では、事業費25億円とあるが、奈良輪第一雨水幹線の工事費との関連はどうなっているのか?別予算であれば、施設全体総計では35億~40億が予想されるが、そういう理解で間違いはないのか?議員の皆さんに検討していただきたいものだ。

kawakami

袖ヶ浦駅海側開発 ブログトップ
メッセージを送る