So-net無料ブログ作成
小櫃川の水を守る会 ブログトップ

景観の持つ力とは何か 最終号 [小櫃川の水を守る会]

 時を忘れて先生の講義を聞いていると、先生は残された時間に気が付き、「時間が無くなりましたので少し急ぎます」と早口で話された。先生の語り口が速くなったようだ。と同時に声の調子も一段と熱気を帯びてきたようである。この報告の最重要部分に差し掛かっていることを感じた。私の報告も先生の熱気に合わせねばならない。

 千本松原(せんぼんまつばら)は静岡県沼津市の狩野川河口から、富士市の田子の浦港の間約10kmの駿河湾岸(正式名称富士海岸、通称千本浜)に沿って続いている松原である。

 話は平家物語に飛ぶ。平敦盛の子息をとらえた北条四郎は、鎌倉まで連れていくのだが、その途中でこの若君を斬らねば…と思っていた。鎌倉も近づき、千本松原にかかった際、いよいよその刑執行の最後の場であるということで、家来に命じるが、いたいけな若君をだれも斬ることはできないという。そこに頼朝からの書状が届き、若君の命は救われ北条の家の子郎党すべてが喜んだという話である。

 もう一つ「奥の細道」の事例も付け加えながら、死ぬときは美しいところで最後を終えたいという日本人の死生観(あるいは美意識)が表れていると指摘された。

 千本松原については、まだある。井上靖の「夏草冬涛」(ふゆなみ)の事例を挙げ、井上靖はこの松原でどのように青春時代を過ごしたか…そして碑文の中に次の文言があることを話された

千個の海のかけらが 
千本の松の間に挟まっていた
少年の日
私は毎日
それをひとつずつ食べて育った

 川村先生は、この碑文の前で立ちすくんだという。これを知りたかった・・という。景観とはそういうものである。景観とは人間が育っていく精神的栄養なのだ。

 最後になる。昭和21年8月に井上康文という方が「日本の山水」という本を出された。
その巻末に「美しい日本の山河を凝視しよう。心を豊かにしなければならない。ともあれ、今は種々の苦難を切り抜けていかねばならない。心にしみた汚濁は美しい日本の山河で洗い清めよう。そういう切々の願いからこの集を編んだ。先輩や友人諸兄の作品の中からこれらのすぐれた詩を選び出させてもらった。何よりも「日本の山水」を静かに読みたい。そう思いながらこれらの詩を幾度も読み選ばしてもらった。・・・」

 発行日は敗戦直後である。紙も、何もない食うや食わずの時期に、住むもの着るものもない時期にこのような本を出された。苦難を乗り越えるために日本の自然の力を糧にしなければならない。そういう人たちがいた。景観とは、自然の力とはそういうものだということを訴えたい。時間があればもう少し話したいが、このことを最後にお伝えして今日の話を終わりたいと思う・・・・。

 参加者は、自然保護運動に携わっている人たちである。一つ一つの話が、全て胸に突き刺さっていったものであるに違いない。ハンカチを握って離さない方がいた。きっと今日の先生の話は、日本という国の、歴史・文化を貫き、生きてきた人々の生きる糧は何であったのかを深く刻み付けるものになったに違いない。 以上報告とさせていただく。
  (報告の中でリニア新幹線問題等いくつかの重要な話を省いたことをお詫びする)

千本松原.PNG


kawakami

景観の持つ力とは何か 5 [小櫃川の水を守る会]

 歌人若山牧水のことを、ちょっと紹介しておこう。
旅を愛し、旅にあって各所で歌を詠み、日本各地に歌碑がある。大の酒好きで、一日一升程度の酒を呑んでいたという。自然を愛し、特に終焉の地となった沼津では千本松原や富士山を愛し、千本松原保存運動を起こしたり富士の歌を多く残すなど、自然主義文学としての短歌を推進した。(ウイキペディア)

 牧水の寄稿文の中に「吾妻渓谷」について書いた文章がある。馬車に揺られながら、この渓谷に深い感慨を覚えたことが書かれてある。特に岩の合間にしがみついているような老木のさまが何とも言えない見事さであるという。ここでの印象が忘れられず、再度訪れることになる。このときは歌集の編集のためであったが、旅館に着くと早速渓谷を見に行く。歩きながら22種もの歌を詠んだそうな。大きなつり橋がかかっていて、その中央に行き、そこで酒瓶の蓋を抜き、じっくりと飲み始めたそうである。結局そのとき歌集は作られなかった。1週間酒を飲んで過ごしたとのことである。

 このときの一文の中に、記録しておかねばならぬ文章がある。
「私はどうかこの渓間の林がいつまでもいつまでも、この寂と深みとを湛えて永久に残っていてくれることを心から祈るものである。ほんとに土地の有志家といわず、群馬県の当局者といわず、どうか私と同じ心で、このそう広大でもない森林のために、永久の愛護者になってほしいものである。もしこの流れを挟んだ森林がなくなるようなことでもあれば、諸君が自慢しているこの渓谷は、水が枯れたよりも悲惨なものになるに決まっているのだ。」(現代仮名遣いに訂正)

 牧水が熱望したこの吾妻渓谷が悪名高い「八ッ場ダム」の現地なのだ。この渓谷を水の底に埋めようとしている。首都圏の水は十分に足りているというのに・・。

 牧水の見た吾妻渓谷は次の世代はもう見ることができない。文化の共有は地域だけの問題ではない。われわれ国民すべてが共有者なのだ。先生は、熱を込めて語り続ける。(続く・明日最終)

景観の持つ力とは何か 4 [小櫃川の水を守る会]

ヘッドランドとは何かご存知か。川村先生が講演の中で話された九十九里浜のヘッドランドについて、実は、講演会場にもいらした「千葉県自然保護連合」の中山さんが、詳細に報告されている。詳しくは「九十九里浜の環境破壊を食い止めるために~人工岬「ヘッドランド」をめぐる攻防~」で検索するとよい。(下記URLをクリックするとすぐ出てくる。)

http://www.jawan.jp/rept/rp2015-j110/07.html

*「九十九里浜 やがて消滅か

 千葉県の九十九里浜は侵食が深刻になっている。2010年9月1日の『毎日新聞』(千葉版)は、「九十九里浜 やがて消滅か」というショッキングな見出しをかかげ、この問題を大きく報じた。

 砂浜侵食のいちばんの原因は海食崖(かいしょくがい。波浪の作用によって形成される海岸の急崖)の侵食を止めたことである。九十九里浜の両端には、屏風ヶ浦(びょうぶがうら)と太東崎(たいとうざき)の海食崖がある。その海食崖が太平洋の荒波に削られることによって大量の土砂が堆積していた。土砂は沿岸流の力でゆっくり移動し、堆積する。一説によれば、九十九里浜は6000年間で形成されたという。 

 こうした自然の営みが人の手によって阻害された。1960年代以降、屏風ヶ浦と太東崎の崖の前面に県が消波堤を築いた。目的は海食崖の侵食を食い止めることだ。そのため、九十九里浜への砂の供給量が激減した。また、漁港の防波堤整備が潮の流れを変えた。さらに、水溶性ガス採掘による周辺地域の地盤沈下も指摘されている。

 そこで県は、1988年からコンクリート製人工岬「ヘッドランド」の建設工事をはじめた。ヘッドランドは、宮城、千葉、神奈川など23道県に2009年3月末現在で計190基ある(着工未完成を含む)。そのうち千葉県は、九十九里浜に22基ある。北九十九里浜に12基、南九十九里浜(一宮海岸)に10基である。建設費は1基で約10億円である。(続く)

 川村先生は、具体的にヘッドランド設置以前の海岸と、設置後年月を経てどうなったのかという写真を明示された。(この海岸線がズタズタになった記録写真の場所名を記録できなかったが、惨憺たる状況が一目ではっきりした。)

 結論的には、このような人口構築物で砂の流出を阻むことは不可能であることを指摘された。蛇籠を置いて砂の流出を止めようという試みも、アカウミガメの産卵を妨げている。、
 砂の流出を防ぐには、森林を荒らさないこと・・それが自然の営みの中で砂を常に補給し続けていることを述べられた。

 九十九里浜におけるヘッドランド反対の運動の記録も含めて、中山さんの論文をぜひ立ち上げて最後まで読んでほしい。(続く)

99里浜.PNG

ヘッドランド2.PNG









景観の持つ力とは何か 3 [小櫃川の水を守る会]

「御宿」と言えば、一定の年配のものであればだれもが「月の砂漠」の歌詞を思い出すであろう。

月の砂漠をはるばると
旅のラクダが行きました
金と銀との鞍おいて
二つ並んでいきました

有名なこの歌の歌詞は、詩人であり画家でもあった加藤まさをの作品である。彼は病弱であったので、夏になると画版を抱えこの海岸の集落へ療養を兼ねてやってきたという。満月の夜、あかり一つない砂浜に腰を下ろし、自然に浮かんだのがこの歌詞であったのであろう。
加藤まさをが御宿で亡くなる数年前、この歌詞の記念像が建てられた。

加藤まさをの、回想録には、次のような文言がある。
「その頃~ざっと半世紀前~の御宿は今よりもずっとずっと寂かな美しい漁村であった。二キロもある弧状の海岸に白い波が微笑み、小麦色の広い柔らかな砂浜には、砂丘が幾重にも起伏してその背中には牛がつながれて寝そべったり草を食ったりしていた。(中略)」

「僕はほんとに運の良い男であります。もしも僕が御宿に来なかったら、もしも「月の砂漠」を書いたのが御宿のあの砂山でなかったら、こんな立派な記念像は永遠に立たなかったでありましょう。御宿の皆さん本当にありがとう。」

「加藤まさをという詩人が創られていく御宿の風景(景観)は、人間をはぐくむ力としての大切な要素を持っていると私は思うのです」・・と先生は、景観が持つ力をここでも発見されている。

 つぶやくような先生の言葉が続く。
 今いたるところの海岸には、大きなマンションが林立し、そこに住む人自体が景観を独占することで、最も大事な自然の景観を壊している。どういう景観を作ることが大切なのかを考えることをしない・・・寂しいことです。(続く)

御宿2.PNG




景観の持つ力とは何か 2 [小櫃川の水を守る会]

 川村先生は日本文学研究者である。当初平安・鎌倉時代の和歌研究が専門であった。40台になってふるさと甲府に戻られ農業を始められた。農業をすると、土と水の大事さを分かったところに、浄水場の近くにゴルフ場計画が浮上した。水源地である。勿論反対運動に飛び込み、幸いなことにゴルフ場は実現させなかった。これが本格的な運動に飛び込む契機となった。

 研究という書斎生活と、数多くある豊かな自然をもとにした文学作品との結びつきはできないのか・・と考え、そのカギは「景観」にあることに思い付かれた。それから夏休みには日本各地の景観破壊現場に足を運ぶようになる。それを小学館の月報にまとめ、更に高尾山トンネル問題について、連載を書いた。「失われた日本の景観」という本を出版したのは、「景観の力とは何か」について追及したもので、今回の話もこれを中心に話したい・・とのことであった。

 冒頭、地元富津市の浅間山(せんげん)喪失の話から始まった。近代文明はコンクリート文明である。コンクリートは骨材として砂が必要になる。千葉の山は隆起によって生成されているので良質の山砂でできている。そこに目を付けた業者により、次々と山砂は採取され首都圏に運ばれた。浅間山はその犠牲になり山一つが喪失した。

 更級日記には、千葉から富士山が見えることが書かれている。浅間山の頂上からは富士山が見えたに違いない。富士山は火と水を祭る神の山である。富士信仰は各地にあって、千葉県内にも10カ所ほどの浅間神社がある。消失した浅間山にも神社があって、山砂採取のため移設されている。

 近代文明により、自然は破壊されると同時に、民族的信仰の対象であった山が消えうせたことになる。

 鬼泪山(きなだ)という山がある。浅間山が消えた後、業者はこの鬼泪山に目を付けた。ここは国有地であった。さすがにここからの山砂採取は禁止されたと聞いた。鬼泪山の由来は、ここには鬼が住んでいてヤマトタケルノミコトによって征服され、鬼が涙を流したということからの命名であるという。この伝承の中には、東北が大和朝廷に組み込まれていく歴史・文化が口伝で残されているのだが、その民族の記憶・歴史・文化を消し去ることになる。

自然破壊とは、日本民族の歴史・文化の消滅にも繋がっていくことを意味している。惜しまれてならない。(続く)


景観の持つ力とは何か その1 [小櫃川の水を守る会]

 9月10日「小櫃川の水を守る会第30回総会」が開催された。30回総会とは30年間続けてきたということである。

 この30周年の記念講演に川村晃生先生をお招きした。
講師の川村晃生先生は、慶應義塾大学名誉教授で、専門は国文学なのだが、いつしか、文学作品に登場する日本の優れた景観を描いた作品から、その作品を生み出した景観が持つ力に関心を持つようになられた。全国を回られる中で日本の素晴らしい自然の景観が、次々と破壊されていくことに心を痛められ、自然破壊に対する抗議の運動に立ち上がっておられる。自然保護連合代表、リニア・市民連合代表などをされ、圏央道が貫いた高尾山の問題、リニア新幹線の問題など広く環境保全の活動を全国的に行っていらっしゃる。

甲府から駆けつけてこられた先生に、関会長が
「アクアラインを通られた方が近かったのじゃないですか?」
とお聞きしたら、
「日本最大の自然破壊の道は通る気になれませんよ。」
とさりげなく話されたという。関会長は頭をかきながら、この報告を冒頭講師紹介挨拶で話されていた。何かずしんとした重たいものを、この一言から感じたものだ。

先生の名刺には、元々は古典の文学博士のはずが、肩書きに「環境人文学者」とある。新しい分野を開かれ、ご自分で命名されたもののようだ。
明日は、お話の内容を紹介したい。(続く)




失われた日本の景観 [小櫃川の水を守る会]

 9月10日「失われた日本の景観」と題して、川村先生の講演が、袖ケ浦市市民会館で行われます。 

 講演の内容については次のように紹介されています。
「自然がいかに貴重で人間にとっても生態系にとってもかけがいのないものであり、今急速に自然が破壊され、また破壊によって失われたものがいかに大きいか」を再認識する。という内容で房総の自然を織り込んでの身近なお話がどっさりです。びっくりすること請け合いです。

 また、川村先生についての紹介では、次のように書かれてあります。
「慶應義塾大学名誉教授、全国自然保護連合代表、リニア・市民連合代表などをされ、圏央道が貫いた高尾山の問題、リニア新幹線の問題など広く環境保全の活動を全国的に行っております。
『失われた日本の景観』という本を一昨年著しており、この中で富津市の鬼泪山の砂利採取、九十九里浜の護岸工事などの自然破壊も取り上げております。」

 いま、リニア新幹線で生じる残土をどこに持っていくか・・が、ひそかに画策されていることをある方から聞きました。

 9月10日は、ぜひ袖ヶ浦市民会館においでください。

 当日日程は13:30~14:00  「小櫃川の水を守る会」総会(参加自由)

 講演は  14:00から始まります。聞き逃しのないように・・・

(クリックすると大きくなります)

川村先生講演会.PNG



さわやかな初秋講演会 [小櫃川の水を守る会]

 一つの集いと、『さわやかな初秋講演会」のお知らせをします。市民の皆様のご参加をお待ちしています。kawakami

◎ 石炭火力発電所建設問題意見交流会の開催

日時  8月30日(火)午後2時~4時
会場  袖ヶ浦市民会館  2F  フリールーム
内容  参加者による自由な意見交換会です
主催  原発さよなら千葉  市民が望む政策研究会

◎ さわやかな初秋講演会・・失われた日本の景観

日時  9月10日(土) 午後2時~
会場  袖ヶ浦市民会館 3F 中ホール
演題  失われた日本の景観

講師  講師  川村晃生(かわむらてるお)先生
 慶應義塾大学名誉教授、全国自然保護連合代表、リニア・市民連合代表などをされ、圏央道が貫いた高尾山の問題、リニア新幹線の問題など広く環境保全の活動を全国的に行っております。
『失われた日本の景観』という本を一昨年著しており、この中で富津市の鬼泪山の砂利採取、九十九里浜の護岸工事などの自然破壊も取り上げております。

▼ 当日は、午後1時半より「小櫃川の水を守る会総会」が開催されます。総会にもよろしければ自由にご参加ください。

▼ 主催 小櫃川の水を守る会  市民が望む政策研究会


失われた日本の景観 [小櫃川の水を守る会]

 袖ヶ浦市民を含め近隣都市市民の命のもと「小櫃川」その流れと汚染防止に力を尽くしてきた「小櫃川の水を守る会」総会と記念講演下記日程で開催されるのでお知らせします。ぜひ多くの皆さんのご参加を呼びかけます。なお総会は1時半から2時、会員外の方も参加自由です。

日時  9月10日(水)午後2時
会場  袖ヶ浦市民会館3F中ホール

講演  失われた日本の景観(君津周辺も含めて)

講師  川村晃生(かわむらてるお)先生

 慶應義塾大学名誉教授、全国自然保護連合代表、リニア・市民連合代表などをされ、圏央道が貫いた高尾山の問題、リニア新幹線の問題など広く環境保全の活動を全国的に行っております。
『失われた日本の景観』という本を一昨年著しており、この中で富津市の鬼泪山の砂利採取、九十九里浜の護岸工事などの自然破壊も取り上げております。

主 催   袖ヶ浦市民が望む政策研究会   小櫃川の水を守る会 
連絡先  関 巌 080-6741-0001 川上 0438-60-2610



盤州干潟(ばんずひがた)をご存知ですか [小櫃川の水を守る会]

 盤州干潟(ばんずひがた)という名前をご存知ですか?小櫃川の河口から東京湾に広がる、最大で1400haに及ぶ広大な干潟です。日本の重要湿地500指定地に含まれる東京湾最大の干潟のひとつです。

 この干潟をラムサール条約に登録させるべく、自然保護の諸団体が、熱心に運動を進めていることも、この機会に知ってほしいと思います。

 ラムサール条約とは湿地の保存に関する国際条約です。水鳥を食物連鎖の頂点とする湿地の生態系を守る目的で、1971年2月2日に制定され、1975年12月21日に発効しました。1980年以降、定期的に締約国会議が開催されているのです。

 日本では51か所が登録されていますが、そのうち千葉県ではただ一つ谷津干潟(1993年6月10日登録・習志野市)が登録されているだけです。

 盤州干潟と同じように、三番瀬もその候補に上がっています。現存する三番瀬は、浦安市の埋め立て地の東沖に位置します、江戸川(江戸川放水路)の河口付近の干潟および浅海域を指し、船橋市、市川市、浦安市、習志野市の沿岸に接しています。東端には船橋航路や千葉港があり、西端には猫実川河口や新浦安駅付近の埋立地が広がっています。埋立が進む以前は、より西側の旧江戸川河口付近まで干潟や浅海域が広がっていたとのことです。

 7月19日、全国自然保護連合加盟の3団体(三番瀬を守る会、千葉の干潟を守る会、千葉県自然保護連合)と小櫃川河口・盤洲干潟を守る連絡会、日本湿地ネットワーク(JAWAN)」など計8団体で環境省に上記二つの干潟のラムサール条約登録に力を入れるよう要望書を提出しました。

 ラムサール条約登録で、一番の問題は「地元自治体の賛同」がカギになっていることです。
この点について同省は、「地元自治体などの賛意が得られなければラムサール条約 湿地には登録できない」と答えました。紋切り型の回答です。これでは、重要湿地は あいかわらず消失・悪化が進むことになり ます。ラムサール条約締約国としての責務を果たせません。

 すぐ近くにこのような貴重な湿地帯があることを、私たちはもっと多くの地元の人たちにわかってほしいと願っています・・・自然保護運動を進める団体からのメールにあった言葉を伝えます。

ラムサール条約登録を求めて.PNG





「小びつ川の水を守る会総会」案内 [小櫃川の水を守る会]

  「政策研」も団体会員になっている「おびつ川の水を守る会」の総会が開かれます。

8月24日(日)13時30分~16時30分木更津中央公民館3階会議室
・講演「放射性廃棄物撤去問題・手賀沼処分場」
・各地からの報告
・意見交換

総会に寄せて
   おびつ川の水を守る会会長  関   巌
 
 小櫃川の水を守る会ができて今年の8月で丸26年が経ちます。このような住民運動が四半世紀も続くのは希有のことです。
 この間各市に水道水源保護条例の制定、残土条例の制定などに中心的な役割を果たしてきました。また、残土処分場や会の発足のきっかけとなった廃棄物処分場の建設反対や問題点を明らかにしてきました。
 この地域には全国で屈指の規模の管理型処分場がいくつもあります。小櫃川上流にある新井総合、湊川上流にある大平興産、この2つの処分場は共に汚染水の漏洩事故を起こし未だに解決していません。それにもかかわらず両者とも処分場の拡張を行い、千葉県知事はあいついで処分場の拡張の営業許可を認めました。このような欠陥事業者に知事が営業許可を出すことに全く納得できません。千葉県知事は住民の健康や安全よりも業者の側に立っていると言っても過言ではないでしょう。

 また3年前の福島原発事故で出された8000Bq/kg以下の放射性廃棄物もこの2つの処分場に今も大量に運び込まれています。さらに、8000Bq/kg以上の高濃度に汚染された放射性廃棄物の処分場を各県に1箇所ずつ作るという環境省の方針で、千葉県内にもその候補地が近々発表されようとしています。もしかしたら私たちの地域が候補地になる可能性もあります。私たちはこの放射性廃棄物の処理はそれを出した東電とその政策を進めてきた政府に全責任があると考えています。しかし、東電は拡散した放射性物質は無主物(持ち主がいないこと)と主張して責任を持って処理しようとは全くしていません。私たちが出したのではないこのゴミをなぜ私たちのところで引き受けなければならないのかその理由が100%わかりません。どこかで引き受けなければいけないので自分の所さえ来なければいい、というのはエゴ(自分勝手)であると言う人がいますが一番のエゴは東京電力ではないでしょうか。

 総会ではここに書いたようないくつかの問題を皆さんと共に考えていく場にしたいと思っています。ぜひ総会に参加し意見を述べて下さい。


小櫃川の水を守る会 ブログトップ
メッセージを送る