So-net無料ブログ作成
日本の将来 ブログトップ

日本社会の歪みの構図 [日本の将来]

二人の会員から、同時に同じ文書が送られてきた。今日はその文書を紹介しよう。kawakami


「保阪正康が語る日本社会の歪みの構図「BC級戦犯裁判のようだ」
6/7(木) 17:40配信
       
 このところ急激に現代社会の歪ゆがみの構図が浮かび上がってきている。背筋が寒くなるような構図だと言っていい。この1カ月の間に、メディアをにぎわせた事件を並べてみると、すぐに分かる。
 首相元秘書官が、加計学園の獣医学部新設を巡って愛媛県や今治市の職員とは会った記憶がないと言っていたのに、5月の参考人招致では「随行者の中にいたのかもしれない」と修正する。国会周辺で自衛隊中堅幹部が、参議院議員に「おまえは国民の敵」呼ばわりしたとされる(当の幹部は言っていないとのことだが)。愛媛県が国会に提出した文書では、加計孝太郎理事長が安倍晋三首相と会った際、首相は「そういう新しい獣医大学の考えはいいね」と太鼓判を押したとある。首相のこれまでの答弁内容とは大きく異なる。

 さらに財務省が、森友学園との交渉記録を国会で問題になっているときに意図的に廃棄していた件。防衛省のイラク日報が隠蔽(いんぺい)されていて防衛次官ら17人が処分を受けた件などが、連日新聞の紙面をにぎわせている。
 日本大アメリカンフットボール部の選手が、悪質な反則行為で関西学院大の選手を負傷させた問題もだ。当の学生が監督、コーチの指示をたった一人の記者会見で告白したのに、監督、コーチはそんなつもりで言ったのではないと「(解釈の)乖離(かいり)」で乗り切ろうとしている件も、歪みの構図の典型であろう。

 これらの事象を見ていると、この社会は虚言、ごまかし、言い逃れ、果ては責任転嫁が当然との感がする。そして、この構図は二つの特徴を持っていることが容易に分かるだろう。

 ▽「始末しろ」
 一つは、責任は「より下位の者に押しつけられる」である。もう一つは自衛隊中堅幹部の件のように「言った」「言わない」に持ち込み、うやむやにしてしまおうとの計算である。私たちは、誰の言を信用するのか、という基本的な次元に追い込まれているということでもある。

 この二つの特徴を最もよく重ね合わせることができるのは、太平洋戦争後に、連合国によって裁かれた日本人将校、下士官、兵士のBC級戦犯裁判である。
 日本軍将兵の非人道的行為は、米国、英国、オランダ、フランス、ソ連、中国など各国の法廷で裁かれた。実際に手を染めた兵士は、上官の命令によって捕虜を処刑している。しかし、裁判で上官は「殺害しろ」とは言っていない、「始末しろ」とは言ったけれど、と強弁し、兵士たちが死刑判決を受けたケースも少なくない。トラック島における捕虜の人体実験と疑わしきケースでは、警備隊責任者の海軍中将と軍医長の中佐らの間で、捕虜の処分を言った、言わないの対立を続けた。
それは、下級兵士の運命にまで関わっていく。

 BC級戦犯裁判の残された記録(意図的に焼却されたものも多い)は、末端の兵士に責任が押しつけられていくケースが多いと語っている。この構図は、「言った」「言わない」や「会った」「会っていない」の社会事象と全く同じなのである。

▽時代は正念場
 私は日大アメフット部の監督とコーチが記者会見で語った弁解と孤立する学生、そして柳瀬唯夫・元首相秘書官や佐川宣寿・元財務省理財局長の国会での答弁などは、まさにBC級戦犯裁判そのものだとの感がしてならない。責任を押しつけられる末端の官僚が資料の改ざん、隠蔽を行い、あるいは自死を選ぶ悲劇は、近代日本の歪みの構図と思えてならないのだ。

 もう一つの構図は「下克上」である。自衛隊中堅幹部の暴言は、単に一議員への異議申し立てではなく、立法府の否定に通じている。イラク日報の隠蔽を事務連絡の不備にすり替えるのは、行政の責任者や立法府への公然とした抵抗であり、かつて日本の軍官僚が行っていた「下克上」に通じている。

 いま、私たちは歴史が繰り返されているとの緊張感を持たなければならないだろう。いや「歴史の教訓」が生かされていないことへの怒りと、私たち一人一人の運命が、こんな構図の中で操られていくことを透視する力を持たなければならないはずだ。時代はまさに正念場なのである。(ノンフィクション作家)

 1939年、札幌市生まれ。同志社大卒。「昭和史を語り継ぐ会」を主宰。昭和史の実証的研究を独自の視点で続ける。2004年に菊池寛賞。著書に「昭和陸軍の研究(上下)」「昭和天皇実録 その表と裏」「戦場体験者 沈黙の記録」など。(共同通信)」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00263991-okinawat-oki  


nice!(1)  コメント(0) 

日本国憲法を1年のうち10回読む [日本の将来]

 1通の手紙が届いた。昨年8月、私たちがデモの予定の代わりに、原爆被爆者と、福島の原発事故のため、いまだ故郷に帰ることのできない深田さん(仮名)のお話を聞く会を開いた。その時の深田さんからの「寒中見舞い」のお手紙である。今日はそのさりげない言葉の中に秘められた想いを、皆さんと一緒に読み取りたいと思う。   kawakami

前略ごめんなさい
「継続は力なり」と申しますが、市民の目で見、考え、行動する皆様は本当のことが言えるので続けていけるのでしょう。

服従、沈黙の世界で育った私にとって、異次元のことです。それでもできることは、と考え、目標を建てました。

 日本国憲法を1年のうち10回読む

笑われそうですが・・・・、わからないことがたくさんあるでしょうが・・・・
皆様のますますのご活躍をお祈りいたします。

別なカードに、つぎのことばがありました。

 寒中お見舞い申し上げます
 昨年は大変お世話になりありがとうございました。皆様の熱心さに驚きました。「原発は安全」と、今でさえそういえる人の頭の構造が全く分かりません。



年金が危ない~ある会員の鋭い予想~その2 [日本の将来]

昨日の続きです。今日は原発・年金についてです。~kawakami

原発ですが、放射能の影響が東京近辺にも迫っているから、歌舞伎役者も大阪に移住するようですよ。 またパナソニックなども西に岡山あたりに本社機能を移すとのことです

汚染状況は段々ひどくなるので、何しろ簡単になくなりません。 セシウム半減期は30年今も東電は垂れ流し放題です。 我々が口にいれる食物は魚にも貝にもセシウムがたまりっぱなし。
人間は体内にためこんだまま・・ いずれがんになり死亡していくのでは? 6年後東京オリンピックはどうなることやら?? 返上する羽目になるかもしれませんね!

もう一つ書いておきましょう。
年金基金の運用は国債が主流で株式の運用割合は15%くらいに抑えられているようです。 それを株式運用の比率を上げて何とか株価を維持しようと、人事にも介入していこうとしているのが安倍、麻生の嫌な感じのお二人さんです。 現在の株の出来高は激減していて、すでに外人は逃げてしまったようで出来高も半減しています。

★ さてみなさん、これらの予想をどのように思われますか?

郵便局はやがてなくなる~ある会員の鋭い予想・その1 [日本の将来]

 アベノミクスなるものが・・仮にこのまま続くとしたら、その落ち着く先の日本の姿はどうなるのか?ある会員から、その予想が届けられました。庶民の生活を襲うであろうすさまじいまでの格差社会が、すぐそこまで迫っていることの警鐘として彼の予想を聞きたいと思います。   kawakami

 日本郵政が来年度でしょうか? 東証に上場する予定とのことです! 政府は上場で5兆円くらいの株式譲渡益を計上する予定らしいです? 

 ただし今の日本郵政には利益を出せる将来有望な業種がありません! もともと日本生命と組んでがん保険を販売しようかと考えていましたが、TPPの前哨戦で米国からの圧力でアフラックと組んでがん保険を郵便局の窓口で販売することになりました。

 郵便局のこれからの戦略はネットショピングと保険の販売、郵便局の不動産活用くらいしかありません。 よって利用率の低い地方の郵便局は廃止か電子化、あるいはコンビニに吸収される形で、無人化されてくるはず。 

 ヤマダ電機などが大型電気店をいっぱい開店していますが、無店舗販売のアマゾンなどの安値販売に苦戦しています。 楽天、アマゾン、ヤフーなどの無店舗販売が年間3兆円にもなったようです。

 町の本屋さんが消えていくのと同じように、アマゾン等の無店舗販売にやられています。 今のままの自由主義経済の流れであれば完全な弱肉強食の傾向は、強まるばかりだと思いますよ。

 

日本の将来 ブログトップ
メッセージを送る