So-net無料ブログ作成
検索選択
市長・市議選挙 ブログトップ

袖ケ浦市長選結果 [市長・市議選挙]

  袖ケ浦市長選の結果が判明した。

当選 出口  清   12212票
    福原 孝彦  11303票

 当初予想はダブルスコア―で出口氏の勝利というものであった。それが909票の差まで詰めたのはなぜか。私見ではあるが、いくつかの今回の選挙を巡る特徴的要因を探ってみる。

1、現象面での勝敗を分けた決定的要因は、投票率が48.30%という最低の低さであったこと。投票率の低さは、連合の支援や、公明党の動向等、組織票を持つ方に有利に働く。市長選に対する市民の無関心からくる選挙権不行使と結びつき、福原氏の急追はもう一息というところで止まってしまった。また、「戦争法案強行」に対する自民党離れの意識が、根強く働いたことも要因の一つであろう。

2、それであっても、福原氏急追の要因は、政策の積極性と、具体化にある。出口氏の実績一覧表に対し、財政悪化を表面に市税増収を中心に据えた政策は、議員間でも、「争点が浮かんだ。これで急速に追いついた」という評価が出るほどであった。この間行われた「マニフェスト検証会」の集いでも、「旧態依然スタイルの出口氏と、数値を明確にした新しい形のマニフェストの福原氏」という評価が出ていたほどである。

3、この結果が示す、新市長出口氏に対する評価は、49599人の有権者中12212票の意識的市民の支持という数値で示されていることになる。
 全体の割合でいえば、24,6%の支持にすぎない。投票率の低さの責任は、市民自体にあるとしても、市民全体の4人に一人の支持というレベルであることを、出口氏は強く認識すべきである。
 選挙を通して、8年間の実績の中の弱点も明確になった。
3期目に向けて、その弱点を修正克服しつつの市政確立を希望したい。

kawakami
 

「選挙公報」を読む~投稿~ [市長・市議選挙]

 市議会補欠選挙の「選挙公報」には驚いた。4人中3人の方の広報には、ご本人のプロフィールがない。皆さん、お名前を初めて聞く方ばかりなので、どのような経歴を持ち、どのような活躍をされてこられた方なのか、経歴から想像したいと思うのだがそれもできない。

  政策はと言えば、柱数本。せめてこれだけはやりぬく具体的な項目が、一つでもあったら、それにかけて投票するのになあ・・・と思ってしまう。なぜこのような意味のない書き方をするのであろうか?市民に本気になって訴える意思が全く伝わってこない。

 街頭宣伝車の声を聴く。連呼である。名前だけの売り込みである。政策はない。市民を上から目線で見ている感じだけが伝わってくる。

 市長選挙、お二人のマニフェストを見る。さすがに市議補欠選挙候補とは違って、こちらは、詳細に書かれてある。だから詳細に読む。

  できるかできないかわからないけれど、このことは抜かされないという項目についての文末表現に引っかかる。「…を追求する。」「・・の実現に全力を尽くす。」「・・・に挑戦する。」ここまではいい。取り組む姿勢が明瞭だからである。「・・・を実現します。」ここまでいったら、これは最高。これを書くには覚悟がいる。「できなかったら責任を取る」という意志が込められているからだ。

 許されないのは「検討する」という書き方。政治家の答弁用語でよく使われる言葉。本当の意味は「なにもしない」ということだ。
 「保育料の無料化の件だけど予算はどう?」「ちょっと無理です」「そうか、それじゃ・・・」
こう話し合えば検討したことになる。やる気など最初からない。

 言葉の使い方にも引っかかる。いたずらに、理解不明の政治用語を並べているのは、本人の「上から目線」をひけらかしているもののようだ。不快な感じさえする。

 はっきりの違いは『石炭火力発電所の誘致』への取り組みである。する気があるのかないのか明瞭である。この項目を重視し挙げている候補と、全く無視し挙げていない候補の違いである。

 候補者名は書かない。今日の新聞折り込みちらしのなかに、2枚の「公定選挙ビラ」が挟まれていた。これが選挙ビラの最終版であると思う。しっかりと読んで、比較して、判断したいものだと思っている。

                   一読者・投稿

市議会議員補欠選挙緊急アンケート回答 [市長・市議選挙]

先にお知らせしましたように、市議会議員補欠選挙に立候補された4名の候補者に、緊急アンケートをお願いいたしました。その結果、回答をいただいた方は残念ながらただの1名のみという結果でした。このような結果は今回初めての経験です。

今までの市議選、市長選でも、立会個人演説会や、勿論アンケート等の取り組みをし、皆さんからとても喜ばれてきました。我が家までぎりぎりに届けてくださった候補者の方もいらっしゃいますし、「事情があって回答できない」と返送用に貼ってある切手を返しに来てくださった方もいらしたのです。このように、真摯に市民に向き合う議員さんたちを、私たちは意見の違いはあったとしても信頼します。

回答なしの方の中には、リーフレットの番地が間違って書かれていて、こちらで探してアンケート用紙をお届けした方もいます。私たちは、議員の方々と同じように、「袖ケ浦をよくしたい」このことひとつで、市政についての学習会を続けている市民団体です。市民が選択に当たって判断できる資料を提供するのも、その一つの取り組みです。議員になられたとしても、今後このような市民を侮辱するようなことは、おやめになることをお勧めいたします。

 お約束通り回答いただいた花澤隆一候補に、心からの感謝をこめ、回答内容をそのまま報告させていただきます。
 
◎ 火葬場建設に対する考え   花澤候補の回答  ②
① 袖ケ浦市内に単独建設がいい
② 市原市と共用あるいは建設時点での共同建設がよい。   
③ 今回木更津から提案のあった4市共用案(木更津市が主体となり建設・運営に当たり、他の3市は応分の負担をするというもの)に参加するのがよい
④ 当面して、今まで通り他市の火葬場を使わせてもらっているのがいい。

◎ あなたは「残土条例」制定に賛成しますか。番号をお書きください。
    花澤候補の回答  賛成
  
◎ 蘇我に「指定廃棄物」(8000ベクレル以上の放射能汚染廃棄物)最終処分場設置の提案が国から提起されています。あなたはこれに賛成しますか。反対ですか。 番号をお書きください。
    花澤候補の回答  反対
  
◎ 財政が悪化している状況はお分かりと思います。今解決について様々な意見があります。あなたはどのようの方法が一番良いと考えますか。例えば『増税で市民と困難を共有しながら克服する』のように1行であなたのお考えをお聞かせください。
    花澤候補の回答・・増税を最小限にし、内部緊縮財政

◎ 最重要課題1点を教えてください
    花澤候補の回答 ・・子ども達が増加する政策

★ ご健闘を心から祈念申し上げます。   

    市民が望む政策研究会事務



おしゃれで素敵な合言葉~投稿~ [市長・市議選挙]

ネット選挙上で市民ができること

告示後二日目が過ぎた。インターネットを開き「ネット選挙上で、市民ができること」を確かめる。

ホームページ。ブログ。 ◎  SNS(フェイスブック・ツイッター等)◎
選挙運動用メールの送信 ×  選挙用ビラ・ポスターを添付したメール  ×
上記転送 ×  ホームページを印刷して配ったらダメ
以上のことが書かれてあった。  
 
 それで安心して、この文章を投稿する。

「おしゃれで素敵な合言葉」

 俺たちは、叫ぼう!  俺たちは、候補者の名前を勝手に言えないけれど、俺たちだけでわかる合言葉を叫ぶ! 車の窓にも貼り付けよう!  これならメールで出しても大丈夫。

 まだ魅力のあったころのオバマ大統領候補の合言葉!  「Yes We Can! 」
俺たちも叫ぶ、俺たちの合言葉を叫ぶ  

  Let’s change!

自画自賛だけど…なんて若者らしい  なんておしゃれな  なんて素敵な言葉だろう・・・・

  ~変化を求める男~


選挙選告示 [市長・市議選挙]

10月18日、市長選挙、市議会補欠選挙告示の日である。二人に絞られた一騎打ち、軍配はどちらに上がるのであろうか。

「手を振った、握手もしたけど 入れないよ」庶民の選挙の心意気である。自分の意志を明確に持ち、自分の意志で判断しよう。

  今日は、出陣式には興味がないので、大学生が中心になって企画した、「マニフェスト検証会」という集いに参加した。約50人近い人たちが集まって、グループごとに別れて、早稲田大学「マニフェスト研究会」が作成したという「2015年袖ケ浦選挙における候補者マニフェストのできばえチェック表」を基に、項目ごとグループ討議をし記入する形で進行するシステムである。

  早稲田研究会に属する学生が、私たちのグループに入った。彼の総合的評価の言葉が面白かった。
「出口さんの方は、旧態依然たるスタイルで、マニフェストの内容はどうせ読む人はいないのだから、並べるだけでよい。顔と名前が大きく見えればいい。福原さんの方は新しいスタイルで、具体的な書き方をしている。マニフェストとしては、好感が持てるし、マニフェストの在り方として望ましい在り方だと考える。ただ全国的には、この旧態依然たるマニフェストの方が多いのが実態」ということであった。

 「項目に政策の事後検証は可能か」という項目があって、「出口さんの方は、もう出尽くして検証結果は悪い方に見えてしまっている。福原さんの方は挑戦だから、できなければ一期でおしまい。はっきり検証結果は明確に見ることができる。大胆だと言える。」
 率直で、痛烈な意見が次々と出てここに集まった方々は、よく見ていると感心した。

 「マニフェスト検証会」は、面白い試みであったと思う。これを主催した若者たちの集まりがある。『袖ケ浦HR会議』という。HRとは学校の「ホームルーム」の時間をそのままとって名付けた名前だそうだ。こういう若者たちがいる。袖ケ浦の未来に希望が持てた集いでももあったと思う。健闘を祈る。

 私たちの会員から、次のような言葉が届いた。この集会、この選挙にピタリの言葉と思うので紹介する。


レッツ.PNG

kawakami



   

 


袖ケ浦市議会議員補欠選挙 [市長・市議選挙]

 今回の市長選と一緒に、市議会補欠選挙も行われる。定員2名の所に5名の方が立候補に当たっての説明会に出席されている。それぞれ決意された方々が、様々な形での選挙活動が始まっているようだ。

 選挙活動の中に、リーフレットをご持参される方がいらっしゃる。ただこのリーフレットに書かれてあることは、候補予定者の理念が書かれていて、具体的政策の内容については、想像するしかほかにその人となりを知るすべがない。

 毎回の選挙で私たちは、何らかの取り組みをしてきた。その殆どはアンケートである。これが、市民の方々から「非常に参考になった」と喜ばれている。今回も5人の方々に、現在の市政の課題についての緊急アンケートを、本日発送した。

お聞きしたいことは次の5点である

1、火葬場建設問題
2、「残土条例」策定問題
3、指定廃棄物最終処分場設置問題
4、財政悪化克服の方法選択問題
5、あなたの考える最重要課題

以上5点である。回答は18日。集約でき次第ブログに公表したい。(8月のブログアクセス数・21746通)投票にあったての参考にぜひ目を通していただきたいものと考える。
公表日20日の予定。
                  kawakami

袖ケ浦市長選挙立候補者マニフェスト検証会 [市長・市議選挙]

 先にお知らせしました「マニフェスト検証会」開催のチラシが届きましたので紹介します。興味・関心のある方は是非ご参加ください。  kawakami    


flyer1018-2.jpg
PDF閲覧はこちらから↓
http://seisakukenkyukai.web.fc2.com/flyer1018.pdf
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

市長選挙「マニフェスト検証会」のお知らせ [市長・市議選挙]

  袖ケ浦市長選告示は18日(日)である。この市長選の説明会には、7名もの方が参加されたと聞いている。7名も立候補されるのかな?と疑問に思ったが、実際書類の事前審査に書類が間に合ったのは2名。もう一人の方は、書類提出についての照会のみで終わっているとのことである。しかし、完全整備された書類提出の締め切りは、あくまで告示の18日なので、立候補者は現在のところ2名確定。もう1名は未確定というところなのであろう。

 さて、実質的には現職と新人2名の決選が予想される。これらの状況を受けて、「これからの袖ヶ浦を話そう会」(仮称)主催による、立候補者の「マニフェスト検証会」を開催するとの連絡が主催者から入った。
 面白い企画であると思う。地方自治体選挙の在り方を含めた、市政全般について研究されている会のようである。ぜひ皆さんにも参加をお勧めし、市長選盛り上がりのお手伝いをしたいと思う。

時    10月18日(日)午後2:30~4:30
所    市民会館

★ 詳細についてはチラシが届くとのこと。皆さんのカレンダーに書き込まれておくことをお勧めする。

    kawakami

出口市政8年間の評価~投稿~ [市長・市議選挙]

 出口市政8年間の評価

 「住みやすさナンバーワン」「子育て環境日本一」のスローガンを掲げて当市の運営を担ってきた出口市政の評価はいかがなものであったのか。

 選挙用に配られた出口氏のパンフレットには、7項目に分類されて2期8年間の実績が縷々記載されている。しかしこれを総じて評価すれば「可もなし不可もなし」といったところだろう。なぜなら上記スローガンに掲げられた内容が本当に実現されたのか。またこの先これが実現されるのか。疑問なしとはしない。パンフレットの大見出しで「こんなに変わった袖ヶ浦!!」と謳って「長浦・袖ヶ浦両駅の改修」「袖ヶ浦駅海側の開発」を取り上げているが、これらはいずれも前市長時代からの宿題を実施したものにすぎない。あえて評価できる点をあげれば、①中学生までの医療費の無料化を国に先駆けて実施したこと②幼稚園・保育園の待機児童ゼロをいち早く実現したことだろう。

 逆にお粗末だったのは、革新市政を装った「自治基本条例」の策定や「残土条例案」で、議会で否決の憂き目にあっている
 前者は多くの市民と時間を費やして審議・作成されたものの、市長自らの起案ながら審議の方は委員会任せ。「なぜ当市に自治基本条例市民条例が必要なのか」という基本的・根本的なところが欠落していてボツ。後者についても県条例を引き移した程度の中途半端な内容で、市民の意思を反映するものとはなっておらずボツ。

 また別なアングルからみての評価は、出口氏の人柄を反映したもので「スキャンダルのないクリーンな市政の運営」といったことだ。しかしこの点における功罪もないではない。真面目で勉強家、悪いことはしないとういう数々の美点は美点として、それゆえの自信からか、視野狭窄、唯我独尊、他人の話を聞かない等などの欠点のあることを本人は気づいているのだろうか。また当市の市政運営に精通していることは認めるとして、近隣首長との交流や県政・国政とのつながりに孤立疎遠、希薄さを禁じえない。「君子危うきに近寄らず」の感が強いのである。

 出口市政3期目に見えるもの
 3期目にかける氏のマニュフェストには、出口市政の集大成が掲げられているが、それ故にか目新しい政策がほとんどない。これまでの政策が継続されるだけだろう。米大統領の例を引くまでもなく政治を担うトップの任期については、多くの国で制限を設けている。長期政権の弊害が懸念されるからである。レイムダック化した出口政権が更に4年続くとなった場合、激しい都市間競争が展開されている今日、当市は果たして勝者となれるのだろうか?

 身近な千葉市、木更津市、市原市などの首長はどんどん若返っており、企業・研究所・大型商業施設の誘致など財政基盤強化の為の積極的な政策が次々と打ち出されている。身近で行われている都市間競争において、攻めの市政に欠ける出口政権では先々勝者になることは難しい。当市は東京湾岸道路もあって地政学的にはたいへん恵まれた位置にある。その潜在力をどう顕在化するか、これがいま当市の市政運営に最も求められているものなのだ。

 最後に、この間の市長報酬についてみてみよう。市長の年間報酬額は賞与も含めて1,200万円である。加えて1期4年時での退職金は1,500万円である。よって今後4年間手馴れた政策を継続するだけで
6,300万円もの報酬を手にすることになってしまうのである。財政運営の厳しい当市にあっては、当市の将来がどうあるべきか、これを真剣に考える首長の登場が喫緊の課題なのである。

                         長浦ののんちゃん

市長選のこと~投稿~ [市長・市議選挙]

 市長選挙の説明会には、7名の方が参加したことを新聞は伝えている。しかし実際はどうなのか。現市長・出口清氏と、市議4期の福原たかひこ氏の2名が出馬表明をされて、それぞれにすでに選挙事務所もでき、市民への訴えを続けている。(そのわりに、選挙熱の高まりは見えていない)

 そこに、ここ袖ヶ浦でも公演したという格闘家の名前が登場した。この方についてスポニチは次のように伝えている。

 2月にプロレス興行のPRで同市を訪れ、閑散とした商店街を目の当たりにして市政に興味を持った。同市に合宿所を借り、財政状況などを調査したという。長崎県出身で、同市とは縁が薄いため反発も予想されるが「ドブ板で一人一人と会って話をしたい。いままでもそうしてきた」と話した。

 この記事にもあるように「同市とは縁が薄いため反発も予想される」とある。その通り。この発表自体、袖ヶ浦で行われたのではなく東京・港区の事務所での会見と聞いている。
 少なくとも、市長選に立つのであれば、ここの住民になってからのことであろうに・・・と、袖ヶ浦市民であれば、だれでも思うであろう。なにか、袖ヶ浦市民の一人として、上から目線で、市民を侮辱しているように感じられてならない。

 市民として、投票率を上げ、真に市民の代表としての市長を選出すべきであろうと思う。

                                     まっとうな選挙を願う一市民

袖ケ浦市長選~投稿~ [市長・市議選挙]

 8月1日の朝日新聞には、袖ケ浦市長選についての記事が記載されていた。現市長出口清氏が立候補を表明したことと、対立候補として、現千葉県議会議員の江野沢吉克氏が、保守系市議会議員を中心に擁立する動きが加速していることを伝えていた。

 出口氏は、対立候補が江野沢氏と想定していたとみえ、今回は動きが速かった。すでに事務所も準備され、後援会活動の動きも始まり、各自治会の夏祭りには、例年になく、招待されていないところにもまんべんなく顔を出していると聞いている。

  一方、噂の江野沢氏の動きは全く見えない。「後出しじゃんけん」の方がよい時もあるようだが、原因は、そんなところにあるのではなく、市議会保守系の一致した結集が、必ずしもスムーズに進んでいないとの話が伝わってくるのだ。江野沢氏もこのままでは、県議会議員の椅子をなげうってまで市長選に出馬する気にはなれないであろう。中心になっている市議会議員に対する、他議員の反発もあるようだ。

 今の所出口氏は、高みの見物というところか・・・市民としては、いずれにせよ速い結論を待っていることと、可能であれば、中央政府に対しても、地方自治の原点を守り、毅然と対応できるような候補者はほかにいないものか・・・と、周りを改めて見回したくなってくる市長選状況に気分が重くなってくるというものだ。

                  期待には程遠い市長選を考える一市民


袖ケ浦市長選近づく [市長・市議選挙]

市長選の告示は10月18日、投票日は10月25日である。市民はあまりまだ関心がないようだが、一部では推測を含めていろんな噂が飛んでいる。

 まず出口市長。3期目を狙うのか?前回とは違って、すでに事務所の手配も済んでいるという話。準備着々というところか・・

 巷では、立候補予定者として、格闘家の名前を始め、議員の名前もちらほら浮かんでいるが、揚がっては消えてなかなか真相が見えない。

 そんな中で、ここ数日、議会内部の動きが激しくなった。出口市政に対する対抗馬として有力候補名が揚がったのである。議会の某会派が中心になり、各会派別に懇談会を開いたという。さてこの話まとまったものかどうか・・・?

 いずれにせよ、今回の市長選も、対抗馬が出ることになりそうだ。出口市政に汚れた話はないにせよ、結局は前小泉市政がやり残した政策を踏襲しているだけのハコモノづくりで、財政を緊縮せざるを得なくなり、行政サービスの大きな減退を招いている。
 また、周辺に適切なブレーンがいないこともあり、目下『裸の王様』という称号すらつけている人たちもいるようだ。

 よどんだままの市政に新しい息吹を持ち込むのは誰か・・・またこのままの市政が続くのか・・・8月に入ると一気に動き出す気配が感じられる。注意深く見守っていきたい。

kawakami


袖ヶ浦市議会選挙10月14日 [市長・市議選挙]

 
 4年に一度の袖ヶ浦市議会選挙は10月14日に行われる。すでに街に看板が立ち、新聞折り込みに議会報告が、いくつか見られるようになっている。一方個別訪問は禁止されているものの、選挙のためでなく、単なる政治活動の分野であれば、差支えないわけだから、一軒一軒訪問するいわゆる「どぶ板」訪問も始まっているようだ。

 今回の市議会選挙で大きなことは、いわゆる古参議員が大幅に引退することだ。市政の動向で見ると,前小泉市政についていた議員の多くが引退するようになるだろうとのことである。新人議員も、引退議員の後釜に座るべく引き継いでいる候補や、地域自治会推薦候補、あるいはまったくの新人候補など、ちまたではまだ噂の段階ではあるが、だんだん焦点化してきているようである。

 どなたが立候補されてもいい。ただ、絶対なってほしくないのは、市民よりも自分の利害を考える類の人物と、議員になるのは、市民の上に立つことなのだという思い上がったエラーイ方にはなってほしくない。
 意見は様々あっていい。その意見の基本に「市民の立場に立つ政策を提言実行する意思と、袖ヶ浦市の充実発展を総合的視点で見据える視点」を常に離さないでほしい。

 政策で投票しよう!まずはそれ一つを呼び掛けておく。

                                                 kawakami
タグ:市議会議員

まちの噂話 [市長・市議選挙]

★「手を振って握手もしたけど入れないよ」・・これぞ庶民の心意気・・・・そんな話を聞き ました。楽しいですね。

★中学生の噂話・・・
 ① やあのどが渇いた・・水!水!・・だって学校の水、放射能の検査もしていないのでしょう。水筒を持って行こうと思ったら不許可だって・・
 ② 落ち葉の掃除なんかやらされるんだよなあ・・仕事自体はなんでもないけど放射能がたまっていないのかな?
 ③ 横浜の給食でしいたけの放射能が異常に高いことで大騒ぎになったけれど、あれは親が
柏市の検査機関に持っていって計ってもらってわかったんだって、袖ケ浦の給食は大丈   夫なのかな・・・

 ある母親が、「うちの息子が言っていた」とそっと話してくれました。

                                   kawakami

まちの噂話 [市長・市議選挙]

「ねえねえ、お宅に行った?市会議員がついてさ・・」
「パンフって言うの?リーフ・・とか言うの?、あれもさ、横田地区は岡田さんでしょう?長浦地区は佐藤議員でしょう?地域ごとセットで配っているんだって・・すごいお金かけているんだけどどこから出ているんだろうね?」
「なんとなく怖くない?わたしあの人たちに名前付けたの・・」
「名前?どんな?ねえ聞かせてよ・・・」
「わたしがつけたって言わないでね。あのね『闇の軍団』・・・ぴたりでしょう・・・」
「おお・・・こわこわ・・・」
汚い選挙が嫌いな一市民
                       
市長・市議選挙 ブログトップ
メッセージを送る