So-net無料ブログ作成
ジェネリック医療 ブログトップ

ジェネリックス医薬品希望カード配布について [ジェネリック医療]

 会員より下記の投稿がありましたので、そのまま掲載します。  事務局  かわかみ

 市より上記について11月30日付けで市長名の文書が来た。その内容は、極めて不適切なものと感じた。

☆ 本来医療費は保険者(市)が医療機関と話し合うべき問題であり、被保険者個々が医療機関に言うべきことではない。

☆ 市よりの文書は、同封パンフレットの抜粋であり、このパンフレットは業者が営業行為として、市に売り込んだものではないのか(封筒も業者作成のものではないのか?)。多くの先進国では普及している云々の文言があったので、「ここで言う先進国とはどこの国のことか?」と質問したが、担当は答えられなかった。

☆ 多くの先進国では、我が国のような出来高払い制ではなく、総報酬制であり、保険者(市)と医療機関が協議の上で医療費を決めている。市の文書で「窓口負担が下がらない場合がある」とは一体どういうことなのだろうか。このようないい加減な文書を配布するとは驚きである。

☆ この種の問題は保険者である市が、各医療機関に要請すべきことであり、患者に言わせることではない。

                                                一会員から
                                         
ジェネリック医療 ブログトップ
メッセージを送る