So-net無料ブログ作成

JR東日本千葉支社の内房線ダイヤ改悪反対署名 [JR東日本千葉支社の利用者切り捨て]

「木更津で乗り換えなければその先には行かれない」という、とんでもないダイヤ改悪に反対し結成された「内房線と地域を守る会」を中心に、反対運動のひとつとして取り組んできた署名運動の集約結果が、10月2日に発表されました。

 4275筆という署名の数です。今回の署名活動の特徴として、館山市役所では市長決裁を得て職員全員の協力が得られたこと。地域の観光協会や商工会、民宿業者、さらには、実際に通学に利用している高校生や教師と父母等・・木更津以南の内房線沿線挙げての取り組みになりました。

 議会関係では、君津市議会の請願採択、鴨川市議会の趣旨採択、館山市議会の全会一致での採択等大きな反対のうねりを感じさせるものでした。

「特に君津議会では、付託された常任委員会では賛否同数、議長賛成で採択、本会議で賛成討論に立った須永議員が、『陳情者をみるのでなく、陳情の中身を議会としてどうとらえるかでは』という発言。私はその場で傍聴をしていまして、ずしりときました。どこかの鉄道会社のような相手を色眼鏡でみるような感覚は、議会政治ではあってはならないと思いました。」というコメントを、この取り組みの中心的活動をされた山の井さんが寄せています。はっきり言って、似たような議会風景を、袖ケ浦でも見ているので、同感です。君津議会本会議での投票結果は12対10で採決という劇的な結果となりました。

 この署名はさらに今月いっぱい続けます。選挙もありますので、選挙終了後11月半ばをめどに、可能であれば、沿線自治体首長や千葉県幹部とともに、支援してくださった関係国会議員等を通して、国の機関へ届ける手続きを考えているとのことです。

 JRの地方利用者切り捨て計画を、これ以上許してはなりません。JR東日本のホームページには「地域と生きる」という文言がいつしか消えて、下記の行動指針が麗々しく書かれてあります。      kawakami

     お客様・地域とともに
 私たちは、真心を込めたサービスを行い、お客様と地域の皆様のご期待を実現します。



nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
メッセージを送る