So-net無料ブログ作成
検索選択

孫崎さんの講演報告 6 [平和]

『平和的手段で日本の安全を確保する道』 講師 孫先享さん  その6

質問・・・オスプレイは何の為に日本に配置しているのか

回答・・・日本の占領軍総司令官でのちに大統領になったアイゼンハワー大統領が辞めるときに残した言葉がある。「アメリカには軍需産業が初めはなかった。この大戦により軍需産業が大きく伸びた。この軍需産業を今後注意深く見ていかなければならない」

 アメリカは第2次大戦の後は、いつも戦争をする国になった。軍需産業は古くなった兵器を消耗しないと次の兵器が売れない。そのためには戦争をし続けなければならない。
ベトナム戦争以後、徴兵制をやめた。また補給部門は民間の会社に移した。この補給部門の会社を続けて行くにも戦争が必要になる。

 オスプレイは1機200億円もする。日本の防衛に必要の無い飛行機だ。このオスプレイを日本は今後18機購入予定で総額3600億円必要になる。始めに言ったようにこれだけあれば日本全国の給食費を無料にすることができる。

 このように、軍事の問題はただ安全保障の問題だけでなく、日常の我々の生活と深く関わっている問題なのだ。



nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る