So-net無料ブログ作成
検索選択

木更津オスプレイ整備計画内容 [平和]

 オスプレイ2機が墜落、事故を起こしました。新聞では墜落を「着水」「不時着」と、書いている記事もありましたが、墜落は墜落です。「住民は感謝すべきだ」という米軍司令官の発言には、「こいつ人間か?」と思いました。そのオスプレイが木更津にやってきます。その日程や内容が、NHKで放映されましたので、その内容を改めてお知らせしておきます。 kawakami

オスプレイ.PNG


オスプレイ整備 最終案を説明

アメリカ軍の新型輸送機オスプレイの定期整備が、1月から千葉県木更津市で行われるのを前に、防衛省の担当者が13日市議会を訪れ、オスプレイの飛行時間を原則、平日の日中とすることなどで、アメリカ軍と調整していることを明らかにしました。

 陸上自衛隊木更津駐屯地では、沖縄のアメリカ軍普天間基地に配備されている新型輸送機オスプレイの定期整備が、1月から行われることになってます。

  木更津市は防衛省に対し、安全対策の徹底や地元への配慮を求めていて、13日、防衛省の担当者5人が市議会を訪れ、現在アメリカ軍との間で調整している定期整備に関する覚書の最終案を説明しました。

 このなかで防衛省側は、飛行時間を原則、平日の午前8時半から午後5時までとすることや、試験飛行は海上を通るルートで行うことなどが最終案に盛り込まれていることを明らかにしました。
また、オスプレイが飛来する際の事前連絡について防衛省の担当者は「アメリカ軍からの情報を市にすみやかに提供したい」と述べました。

  防衛省は今月中をメドにアメリカ軍などと覚書を交わす方針で、出席した議員からは、「今後の運用について地元と定期的に協議する場が欲しい」などという要望が出されました。
木更津市議会基地対策特別委員会の近藤忍委員長は「市側からの要望はおおむね盛り込まれたと考えている。今後、市や市民への連絡体制を整備したい」と話していました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る