So-net無料ブログ作成

内房線沿線住民の安全と利便性確保の陳情 [JR]

 13日の袖ケ浦市議会・総務企画常任委員会(9:30)で、鉄道研究家の山の井さんと、山の井さんの活動を支援する、館山市の松苗さん、そして私たちの「袖ヶ浦市民が望む政策研究会」で、提出した陳情審議があります。

 陳情の表題は「内房線沿線住民の安全と利便性確保を求め、沿線自治体の連携強化による要請活動を求める陳情」で、JR千葉支社に対する要請活動が狙いです。

 陳情の具体的内容は次の6点です。

▲JR千葉支社への具体的要望事項。
① 内房線のすべての踏切において、安全装置である踏切障害物検知装置または踏切支障報知機の設置を積極的に進めること。

⓶ 内房線にある第四種踏切すべてに警報機・遮断機を早急な設置を求めること。

③ 内房線における強風対策のための防風柵の設置、沿線の倒木対策、生活道路との立体交差の箇所については防災も兼ねた安全対策を施す工事をJR千葉支社側に求めること。

④ 合理化に際し、障害者差別解消法でいう合理的な配慮を踏まえた対応、地元自治体との事前協議の実施をJR千葉支社に求めること。

⑤ 本年の視覚障害者の方々に関する事故増大を踏まえ、なおかつ、高齢者、幼児同伴の利用者の安全確保の観点から、駅のホームへの可動式ホーム柵の整備を含めた、ホーム柵の設置をJR千葉支社側へ求めること。

⑥ エレベーター・エスカレーターの設置に関しては、障害者差別解消法の合理的配慮の部分を考慮した整備を求めること。

 なおこの陳情は、袖ケ浦市、富津市、鋸南町、南房総市、館山市、鴨川市それぞれの議会と千葉県議会にも提出しております。興味、関心のある方はぜひ傍聴にいらしてください。

kawakami





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る