So-net無料ブログ作成
検索選択

内房線が危ない・一斉陳情 [JR]

2年前の5月15日の私たちのブログに次のような文言がありました。
JR東日本本社のホームページを開くと、真っ先に冨田社長の経営理念が述べられていて、その見出しに「地域に生きる」とあります。社員が毎日斉唱する「行動指針」には、「お客様と地域の皆様のご期待を実現します」とあり、コンセプトワードとして「地域に生きる世界に延びる」とあります。

なんと現実と遊離した言葉でしょう。この文言には一つ抜けている言葉があるような気がしてなりません。抜けている言葉は「搾取」です。明日から「地域を搾取して生きる」と変えられることをお勧めします。

 JR東日本社の内部留保金額は2012年度決算で、2兆3634億円に達しています。たしか、お仕事は「旅客鉄道事業株式会社」つまり公共サービス事業です。「公共サービス」は抜けて、株主のための利益優先どころか、利益追求会社に堕ちたように思われてなりません。

 先日再度JR東日本本社ホームページを開いてみました。するとどうでしょう。いつの間にか「地域に生きる」という文言がなくなっていました。私たちの言うとおりになってきています。

 なぜこのことを書いたのでしょう。実は内房線の安全や利便性が、急速に合理化の名のもとに悪化しつつある現実があるからです。その現実と、そのことに対し7つの沿線自治体議会に対し、一斉に陳情書を提出し受理されましたので、その報告を2~3日続けます。
kawakami

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る