So-net無料ブログ作成
検索選択

鳥山駅舎建設・トイレ無し [JR]

おなじみの鉄道研究家、山の井さんのブログを紹介します。JRというところは、トイレまで節約しようとしているのを聞いて、あきれています。  kawakami

山梨県大月市にあるJR中央本線の鳥沢駅。駅舎の建て替え工事により、竣工後は、駅の無人化と、トイレ設備はないとする方針に地元が反発。
現地の住民団体の西山扇山部分林管理委員会が、トイレ設備設置を求めた署名活動を展開。265人分が集まったそうです。

 JR側は駅の無人化によりトイレの管理ができないと主張し。一方の住民団体側は、駅の近くにはトイレがない。多くの登山客が乗降する駅であり、トイレが必要であると、訴えています。この駅の一日の乗車人員は900人弱。


 私はこの件について。
一つは最近のJRの駅舎建て替えは、なんらかの合理化がセットで用意されている傾向がみえてきたこと。
 トイレに関しては、分割民営化当初は、かなり、環境美化の意味で設備の改良に力を入れてきた問題。その当初の施策からは逆行している。災害などの場合はトイレはがまんせよ、ということなのだろうか。

 駅舎の建て替えに関しては、JRの直轄なのか、それとも地元自治体との合築駅舎なのかも影響します。どちらにせよ、駅舎の工事に際して、トイレ設備を置かないというのは、外房線の行川アイランド駅を省けば記憶にない。

 鳥沢駅は6年前にみどりの窓口が廃止。現在は券売機のみの業務委託駅。これが今回の駅舎工事以降、無人化になるのは悪しき前例になりかねない。
 ちなみに沿線の勝沼ぶどう郷駅は、今年、有人きっぷ売場は廃止にはなりましたが、指定券発売機が設置の業務委託駅。
 この鉄道会社の合理化の目安は大変わかりずらい。ただ、沿線地元を混乱させるだけに見えます。

 私は何らかの機会で現場の鳥沢駅に行くことを考えています。

★ この記事を読み、早速大月市に電話を入れてみました。丁寧に対応していただきました。(kawakami)

1、JRが独自に駅舎改築の着工にかかりつつあること。
2、自治体としては、駅舎の構造・内容については、口をさしはさむことはしていないが、署名運動もあり、
  市としても、トイレが付かないということで、JRに対しては設置要望をしていること
3、完成後無人駅になること
4、市内には6つの駅があるが、現在すでに2つの駅が無人化しており、これで3つの駅が無人化すること。

★ 甘利大臣が、企業の内部留保金額が、最高額に達しているのに、投資もせず、社員にも還元しないこと  をテレビで数日前愚痴っていたことと、経団連会長が、軽くいなしていたのを思い出した。
  民間公共事業である、JR東日本の留保額は3兆5000億円に上っているというのに(国労水戸通信)登山  客の多い駅舎に、トイレ設置節約という・・・・

★ そういえば袖ケ浦駅、長浦駅は、ほとんど全額自治体負担であった。鳥沢駅舎は、トイレはつかないけ   れど全額JR負担である。なぜなのかな?




nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 1

ねこたろう

これは由々しき問題です。鳥沢駅は数年後にはグリーン車連結車両も停車する駅ですから、普通乗車券での乗り逃げ防止のためにも無人化自体も本来は避けねばなりません。トイレ無しなどもってのほかです。トイレといえば、仮に中央線にグリーン車連結が始まると他線と異なり普通車にトイレが無い故にグリーン客以外の利用客のグリーン車トイレ利用も想定され、駅間距離の短い区間帯で用便時間の長さいかんでは何駅かグリーン車ただ乗り扱いになることについてはJRは対策法あるのでしょうか?…スレから外れて申し訳ありませんが
鳥沢駅のような改悪改築は何も中央本線のみの問題ではありません。青梅線青梅以西や五日市線、八高線の各駅もいずれは鳥沢駅のようになってしまうかもしれないということでもありますね。鳥沢駅よりも行楽スポットに満ちた御嶽や奥多摩でもいずれは鳥沢駅のようになってしまい、やがてそれが西武池袋線飯能以西から西武秩父線の各駅、近鉄大阪線の西青山あたりに伝染しなければいいが…と不安になってきます。
by ねこたろう (2016-02-20 20:11) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る