So-net無料ブログ作成
検索選択

住民の足を守る会集会報告 [JR]

過日「馬来田」で「コスモスフェスティバル」があった時の話。東京からどっと久留里線に乗り込んできて、馬来田駅に着き、乗客は張り切って降りたところで騒動が起きた。  
なんと久留里線はJRであるにもかかわらず「スイカ」が使えないのである。おまけに無人駅。ワンマンカーの運転手さん。お客さん達に詰め寄られて、どう処置したかは不明だけど、15分間発車が遅れてしまったという・・・・あきれた話。

外房線合理化のあらしの話は、先日のブログでお知らせした。「緑の窓口」閉鎖に始まって「業務委託」になり「駅の無人化」になり、一方でダイヤ改悪で、特別急行はなくなって、久留里線の場合で言えば、来年のダイア改悪で、本数が今の半分になりであろうという話である。

 「JRは民間企業だから、その経営内容にとやかく言うことはできない」という意見をおっしゃる方がいる。この方は、JRは民間企業であっても、公共企業であることを忘れてしまっているらしい。
 かっての国鉄は、親方日の丸であったけれど、国民の足をしっかりと守っていた。公共事業に携わる者の企業倫理は、どこかえ消えてしまって、利益追求のみが正義の仮面をかぶって、恥ずかしげもなく登場してきている。

 まだまだある。昨夜行われた、「上総住民の足を守る会」で、聴いた生々しい話である。
 
kawakami

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

メッセージを送る