So-net無料ブログ作成
検索選択

JR東日本社 [JR]

鉄道研究家の山の井さんのブログから、今日は転載させていただきます、JR東日本社への抗議を含めた申し入れ書です。  kawakami

さきほど、以下の申し入れを送りましたので公開をします。

国土交通省関東運輸局鉄道部監理課 御中

東日本旅客鉄道について申し上げます。

山手線の架線トラブル、東北新幹線の架線トラブルと高架のコンクリート片落下のトラブルと連発をしています。
また、架線トラブルに遭遇した有名芸能人が青森県内の東北新幹線の駅で、駅社員の説明応対をめぐって激怒をした、というのが報じられました。
現場の実態とお客さんに対する接遇がいったい、どうなっているのでしょうか。

5月9日の新聞掲載
本年5月9日の東京新聞の朝刊の発言で、寒川町議会の議員の方の投稿掲載がありました。
茅ヶ崎駅で混雑時の安全対策として、地元からホームの拡張の要望がでているのに、駅ナカの増設が先にすすんでいるのは、安全対策は利益が上がらないから、という趣旨です。
まずは沿線地元より要望、特に安全対策の案件がでているのであれば、優先順位は先ではないでしょうか。

内房線の落とし物対応
地元の沿線利用者からの声です。
先日、帰宅途中利用していた列車で、内房線竹岡駅で停車中にやむなく、貴重品をホームと列車の隙間に落としてしまい、最寄り駅へ連絡。しかし、その駅は

数日かかる

という応対をしたそうです。幸い、良心的な方の好意でその日のうちに、その貴重品は戻ってきたそうです。

これとは別に。

内房線の終日・夜間無人駅において、やむなく、お客さんが持ち物をホームから線路に落としてしまった場合、大半の方は自ら線路におりて拾うケースがすくなくないようです。
鉄道営業法に抵触をしてても、自己責任で落とし物は拾えということなのでしょうか。
どういう事情で数日かかるという応対をしたか、わかりませんが。
駅業務以外に保線メンテナンス作業員が随時、動いています。万一、駅社員が対応できない場合は、そういった作業員の協力を得てやるべきではないでしょうか。

関連として
内房線竹岡駅にSuicaが使える飲料水の自販機がおかれましたが、そういったことができるのであれば、簡易自動券売機や、Suica簡易チャージ機の設置。すべての終日・夜間無人駅に管理駅の社員とインターホンで連絡がとれる装置の設置をしていただきたい。


以上、当該鉄道会社へ働きかけをお願いをいたします。


平成27年5月11日
提出者 住所
提出者 氏名
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る